本学女子、12回目の黒鷲旗大会出場…GWの大阪 Vリーグ勢へチャレンジ

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

本学女子、12回目の黒鷲旗大会出場…GWの大阪 Vリーグ勢へチャレンジ

2014.04.11 更新

バレーボールの高校からV.プレミアリーグまでのトップチーム男女各16チームが競う第36回黒鷲旗全日本選抜大会(5月1日〜6日、大阪・大阪市中央体育館)に、本学女子が選ばれ、12回目の出場となります。その組み合わせ(4チームずつ4グループ)がこのほど決まり、Bグループの本学は岡山シーガルズ(岡山、V.プレミア)、パイオニアレッドウイングス(山形)、KUROBEアクアフェアリーズ(富山、V.チャレンジ)とグループ戦を戦います。春季リーグ戦中の大会ですが、本学にとっては格上のチームにチャレンジすることでチーム力アップを図り、リーグ戦後半へ繋げたいところです。
大会は5セットマッチ。グループの2位までが決勝トーナメント、準々決勝戦に進出します。女子の大学勢は本学のほか全日本インカレ優勝の鹿屋体育大、東京女子体育大の3校、高校勢は正月の高校選手権優勝の九州文化学園と準優勝の東福岡東龍の2校。
以上

コンテンツ

ページトップ