本学女子バレーボール部“日の丸娘”ふたり

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

本学女子バレーボール部“日の丸娘”ふたり

2013.07.18 更新

「ベストリベロ賞の小島満菜美さん、28年ぶり世界ジュニア準優勝に貢献」
「ユニバーシアード5位の原動力になったエーススパイカー今村優香さん」

本学女子バレーボール部の“日の丸娘”ふたりが、世界の舞台で大活躍しました。

+++

一人は小島満菜美さん(文学部比較芸術学科1年、市立船橋高出)=159cm、リベロ=。
小島さんはジュニア世界選手権(6月21日〜30日、チェコ・ブルノ)に出場し、強打を拾いまくって大活躍。日本の28年ぶり準優勝に貢献しました。
結果、優秀選手を表彰するベストリベロ賞を獲得。これは日本チームでただ一人の栄光でした。

この大会は1994年1月1日以降生まれた者を対象にし、世界20か国が4グループに分かれて世界一を競いました。
日本はセルビア、中国、コロンビア、タイと同組。

▽総当たりグループ戦
日本3-1タイ、日本3-0コロンビア、日本0-3中国、日本2-3セルビア
2勝2敗グループ3位で各組の4位までが出場する決勝ラウンドへ。

▽決勝トーナメント1回戦(ベスト16)
日本3-0ペルー

▽準々決勝戦
日本3-0トルコ

▽準決勝戦
日本3-1イタリア

▽決勝戦
日本0(13-25、17-25、15-25)3中国

小島さんは全8試合にフル出場。
159cmの小さな体を投げ打ってレシーブする姿に、チェコの人たちは感動し、決勝戦などは勝った中国より大きな拍手を受けたとそうです。

+++

そしてもう一人は今村優香さん(文学部比較芸術学科2年、駿台学園高出)=175cm、ウイング=。

世界の学生たちが集うユニバーシアード大会(7月8日〜17日、ロシア・カザン)のバレーボール競技で日本女子5位入賞の原動力になりました。
学生といっても2013年1月1日現在17歳未満から28歳未満までですからナショナルチームで参加している国もあります。

16か国が4か国ずつ4組に分かれ、日本はチリ、香港、タイと同組で予選リーグを戦いました。

▽予選リーグ戦
日本3-0チリ、日本3-0香港、日本0(26-28、26-28、20-25)3タイ
日本はグループ2位で1〜8位決定戦へ。

▽準々決勝戦(ベスト8)
日本1(21-25、16-25、25-18、26-28)3ブラジル

▽5〜8位決定戦
日本3(25-8、25-7、25-15)0北朝鮮

▽5、6位決定戦
日本3(25-23、25-21、25-20)0カナダ

日本の5位が決定しました。

今村さんは全6試合にスタメン出場。175cmはスパイカーとしては決して大きくはありませんが、最高到達点3m近いバネとパワーを生かして、存在感を大いに示しました。

目標はメダルでしたが、予選リーグのタイ戦の敗戦が目標を狂わせたと言えます。
つまりグループ戦を1位で通過しておれば、クオーターファイナルで強豪ブラジルは避けられたと言うことです。

ちなみに優勝はロシア、2位ブラジル、3位タイ。男子の日本は3位と健闘、こちらも優勝はロシアでした。


攻撃と守備の軸を欠いて東日本インカレを戦い、準優勝に終わった生瀬監督。かわいい子に旅をさせた今、世界と戦ってきた2人が大きく成長して臨む秋季リーグ戦、全日本インカレ(大阪)の采配を楽しみにしています。

コンテンツ

ページトップ