H26年皇后杯2年連続出場ならず

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

H26年皇后杯2年連続出場ならず

2014.11.04 更新

本学、ファイナル出場ならず

天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会(12月10〜14日・東京)

の皇后杯関東ブロック大会は10月25日、千葉・東金アリーナで3グループに各6チームが出場して行われました。本学は、2回戦で宇都宮大に1−2で敗れ、2年連続本戦出場は成りませんでした。この大会は男女合わせて全国30,000チームが参加して4月の都道府県予選からスタート。9ブロック予選で男女各16チームが勝ち上がり、ファイナルラウンドはプレミアリーグ各8チームを加えた男女各24チームで天皇杯、皇后杯を争います。

なお、関東ブロックから皇后杯本選出場は柏エンジェルス、筑波大、東海大の3チームでした。

◇関東ブロックAグループ

▽1回戦
本学2(25−20、25−15)0春日部共生高

▽2回戦
本学1(25−21、25−27、14−25)2宇都宮大

「相手のペースに飲まれ、自分たちのバレーボールが出来ませんでした。高いブロックや攻撃に対する戦い方をチーム全員でしっかり考えること必要があると実感しました。全日本インカレまで残り1か月と限られ期間ですが、少しでも改善して、青学らしい最高のパフォーマンスが出来るよう頑張りたいです」(比金主将の報告から)

以上

コンテンツ

  • 体育会表彰(Link作成中)
  • お知らせ
  • ページトップ