第63回大会

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

第63回大会

2014.05.04 更新

本学女子は3連敗、予選L敗退

第63回黒鷲旗全日本男女選抜大会

 
バレーボールの第63回黒鷲旗全日本男女選抜大会は5月1日から6日まで大阪市中央体育館で男女各16チームが参加して行われ、本学女子は予選リーグで敗退しました。この大会は国内トップチーム(Vリーグ、大学、高校)の中から主催者の推薦で出場するもので、今大会の大学勢は男子が早稲田大、日本体育大、順天堂大、近畿大の4校、女子は鹿屋女子体育大、青山学院大、東京女子体育大の3校。16チームが4チームずつ4組に分かれて予選リーグを戦い、各組上位2チームが決勝トーナメントに進みましたが、大学勢は男女ともベスト8入りできませんでした。

 
[女子]▽予選リーグ第1日(5月1日・大阪市中央体育館)

本学0(18−25、15−25、16−25)3パイオニア・レッドウイングス(山形・V.プレミア)

スタメン=レフト今村③−須田③、ミドル財前③-土屋②、オポジット高野④、セッター比金主将④、リベロ小島②。

相手の高さに苦戦を強いられ、なかなか決めることが出来ず、ストレート負けしました。得点では完敗ですが、戦えない相手ではなく、自分たちのミスが目立ち悔しい結果となってしまいました。明日(2日)はプレミア(国内トップ・リーグ)の中でも粘り強く、うまいチーム(岡山シーガルズ)と対戦します。1点1点食らいついて全員で戦っていきたいと思います。

▽同第2日(5月2日・大阪市中央体育館)

本学0(18−25、16−25、22−25)3岡山シーガルズ(岡山・V.プレミア)

スタメン=レフト今村③−坪川①(土浦日大高)、ミドル財前③−土屋②、オポジット

高野④、セッター比金主将④、リベロ小島②。

プレミアとの今大会最後の試合でしたが、プレミアを意識し過ぎて「相手はトップだからしようがない」と言う気持ちからケアレスミスが出てしまいました。守りのしっかりした坪川を起用しましたが、その結果、今村の決定力を高めることに繋がりました。明日(3日)は2敗同士、KUROBE(プレミアの下部、チャレンジ・リーグ)との試合なので何とか一矢を報いたいと思います。

▽同第3日(5月3日・大阪市中央体育館)

本学2(25−22、26−28、25−15、18−25、17−19)3 KUROBEアクアフェアリーズ(富山・V.チャレンジ)

スタメン=レフト今村③−坪川①、ミドル財前③−土屋②、オポジット高野④、セッター比金主将④、リベロ小島②。

勝てる相手でしたが、本日も大事なところで自分たちのミスが目立ちました。あと1点が取り切れない、あと一歩で勝てるところを逃してしまうところに青学の甘さがあると感じました。今回、プレミア、チャレンジのチームと試合をして身を持ってプロの上手さを感じました。また来週(10日)から始まるリーグ戦へ向けて、今大会で学んだことを生かして、ミスの少ない勝つチームになって行こうと思います。(いずれも比金主将報告要旨)

[決勝戦](5月6日・大阪市中央体育館)

▽男子

パナソニック・パンサーズ(大阪・プレミア)3-1JTサンダーズ(広島・プレミア)

▽女子

トヨタ車体クインシーズ(愛知・プレミア)3-1東レアローズ(静岡・プレミア)

以上

コンテンツ

  • 体育会表彰(Link作成中)
  • お知らせ
  • ページトップ