H27年度総会終わる

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

H27年度総会終わる

2015.06.26 更新

奥本会長退任、新会長に山脇昌氏就任

OB・OG会緑楯会平成27年度総会終わる

体育会バレーボール部OB・OG会緑楯会は6月21日、青学会館校友センターで平成27年度総会を開き、平成26年度活動報告・会計報告、27年度活動方針を承認。役員改選では奥本浩平会長(S39年卒)が退任し、山脇昌氏(S61年卒)が新会長に就任。女子部会の会長、副会長は留任しました。OBでは竹内溥さん(S31年卒)、原進さん(S34年卒)、OGは玉井祐子さん(S34年卒)の大先輩をはじめ18名が出席、奥本会長を議長に選出して諸議案を話し合いました。

終了後、恒例の懇親会を開き、84歳の誕生日を迎えて間もない高窪貞人先生の乾杯でなごやかなひと時を過ごしました。

平成27年度総会議事録

 
▽日 時 平成27年6月21日(日)午後1時〜2時

▽場 所 青学会館校友センターA会議室

▽出席者 竹内溥(S31年卒)、原進(S35年卒)、奥本浩平(S39年卒)、古瀬順(S39年卒)、生瀬良造(S40年卒)、浅井博(S43年卒)、辻裕之(S54年卒)、田上隆(S57年卒)、山脇昌(S61年卒)、本多和彦(S63年卒)、中澤彰久(H21年卒)、正木佳(H23年卒)=以上OB会。玉井祐子(S34年卒)、雛田総子(S39年卒)、加藤真美(S57年卒)、谷紀子(S58年卒)、川上睦美(H2年卒)=以上OG会。いずれも敬称略。当日欠席4名。出欠の返事=OB27通(郵送87通)、24本(送信75)。OG61通(郵送189通)。高窪貞人先生は懇親会(午後2時15分〜3時50分)に参加。

■開会の言葉 辻裕之代表幹事

■会長あいさつ(奥本浩平会長)総会開催が大幅に遅れたことへのお詫びと今総会を持って退任することを表明、長年の協力に感謝した。

■議 事

▽議長選出 奥本浩平会長を選出

▽平成26年度活動報告=奥本会長

▽平成26年度会計報告・監査報告=辻裕之会計担当(高橋浩生監査欠席の為、監査報告文を代読)、女子部会計報告・監査報告=川上睦美会計担当、加藤真美監査

▽平成26年度活動報告・会計報告(女子部含む)承認の件=全会一致

▽平成27年度活動計画=奥本会長

▽役員改選=奥本会長から山脇昌氏に会長就任を要請。これを受けて緑楯会は山脇氏から、女子部会は谷紀子副会長から、それぞれ新体制が読み上げられ、全会一致で承認

■報告事項のポイント

男子部の新入部員が2名の留まったことへの猛省。27年度は組織強化と財政の確立は毎回の課題だが、特効薬はない。ただ、スタッフが若返ることで、その効果を期待したい。校友会HPに掲載の本会HPがNo1に輝き6月27日、校友会代議員総会で表彰。

■意 見

―収支計算書の収入に合宿援助金等収入とあるのに、支出では現役援助金として処理するのはよくない。合宿援助金の項目を入れ明確にすべきである。

ごもっともな意見。来年度以降、明確にする。26年度の合宿援助金は80,000円(監督・コーチの旅費分)。

―来年、バレーボール部創部70周年を迎えるが、周年事業については新執行部で議論してほしい。

■山脇新会長の方針

若いネルギーを生かして、部の強化、部員の就職支援、会の活性化の3本を柱に展開する。

コンテンツ

ページトップ