H30年度総会報告

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

H30年度総会報告

2018.06.03 更新

平成30年度緑楯会総会議事録

1.開 催 日  2018年6月9日(土)15:00〜16:10

2.開 催 場 所  青学会館校友センター2階A

3.参 加 人 数  会長:山脇昌(S61年卒)、女子会長:雛田総子(S39年卒)、女子副会長:大庭優香(S58年卒) 、幹事:加藤真美(S57年卒)、幹事:本多和彦(S63年卒)、玉井祐子(S34年卒)、奥本浩平(S39年卒)、生瀬良造(S40年卒)、川田昭典(S53年卒)、辻裕之(S54年卒)、田上隆(S57年卒)、谷紀子(S58年卒)、中川眞(S60年卒)、秋山美幸(H20年卒)=女子部監督=

合計14名

4.会 次 第  (以下、発言者名は伏せる)

1)    資料配布

2)    式次第を作成したが、会長との引き継ぎができず議長・司会進行を田上が行う旨お詫び了承を願う。

①第1号議案「平成29年度の活動報告」の件

参加者全員で承認。

次期会長選出の報告 4月13日時点にて田上(S57年卒)確定の報告

本日6月9日付け8代目会長の承認手続き、承認。

②第2号議案「平成29年度 決算報告」の件=資料添付=

監督・コーチ交通費等々増による赤字の発生(山脇会長個人が寄付)

『赤字を個人で負担はおかしい、本来は予算内にて行うのが常道でそのように考えてすべきではないのか?』

『一括計上されている現役援助金(監督・コーチ・トレーナー費用)の内訳を開示するように』⇒後日詳細を明示します(山脇会長)

上記条件をつけたうえで、参加者全員で承認。平成29年度会計報告(2018.06)、平成29年度会計の実態を知ってもらうために緑楯会収支計算書を添付。

山脇会長、退席

女子部会提出資料「平成29年度 会計報告・優勝祝賀会会計報告他」について加藤真美幹事より報告。参加者全員で承認。

③第3号議案「平成29年度の役員選出の件」

山脇会長とまったく連絡が取れず、予算も組めない状況である旨を報告。

新役員については、副会長:伊藤(S62年卒)他役員につては後日報告。参加者全員で了承。

④第4号議案「平成30年度の活動方針・計画」の件

検討項目別途提出

運営の再構築、どうしていくのかを検討が必要。

常任幹事会を定期的に開催していき、情報の共有・検討を行う。

男子:現役選手との関わり方の検討。

男子:会費等々の集金方法を検討(過去3年どうしていたのか?)。

男子:スカウト活動がまったく見えていない(一部のみしか把握していない)。

以上については早急に幹事会で話し合い、改めて会員に報告することを参加者全員で了承。

以上

◆意見・質問

『問題点を明確にし、優先順位をつけて課題を設定し解決していかないといけない』

『監督・コーチ費用を個人が負担するのはおかしい、継続ができなくなる』

『緑楯会と父母会の関係は、どうなっているのか?』

『昨年の課題である規約の見直しはどうなっているのか?』

⇒「2月の幹事会では決まらず、新役員にて検討と決まった」(加藤幹事)

『OB・OG体育連合会への会長登録の変更が必要』

『この3年間も含めて記録を残した方が良いと考える』

『山脇会長をひとりにしたのが良くなかったのでは? 体制が出来ていなかった』⇒「自分から発信をせず・回答もしなかったので、どうしようもなかった」(本多幹事)

『平澤先生の任期の確認をし、後継部長となる先生を検討していかなくてはならない』

『会の透明性をきちんとすべき』

『役員の改選について』⇒「来年が本来の改選となる為、今回の役員は任期1年として来年、再度仕切りをすべきと考える」(田上会長)

『現在のOB会員数は?』⇒「名簿上234名(故人も含むので、きちんと後日数えます」(田上会長)

『男子の試合結果報告はどうなっているのか?』⇒「1部の人にではあるが、マネジャーよりメールが送られてます」(田上会長)

◇今年度の大会スケジュール◇

6月21日〜24日 東日本インカレ(東京)

8月17日〜20日  カナダの大学が来日(女子部対応)

9月8日〜10月21日 秋季リーグ戦

11月27日〜12月2日 全日本インカレ(東京)

以上

▽役員会報告

緑楯会平成29年度第2回役員会・幹事会議議事録

日 時  平成30年2月17日午後16時30分〜19時00分

場 所  アットビジネスセンター池袋駅前別館405号室

出席者  山脇 昌、高橋浩生、本多和彦、青井勇気、雛田総子、加藤真美                                                             以上    6名

議 事  <連絡事項>                                                                    ・男子部納会 2/24

・女子部全日本インカレ優勝祝賀会 3/1   開会挨拶:山脇会長  OB受付:本多  依頼承諾

・18年度春季リーグ戦日程 4/8開幕                                              ・体育会表彰 3/9  於:青学会館 各部2名参加                                  *生瀬さんの監督50年表彰は前例が無いため見送り

<討議事項>

1、会長の選任   H29年度は、田上氏の会長立候補があったものの、暫定的に山脇会長はじめ28年度幹事役員が,継続して実務を遂行してきた。30年度を迎えるに当たり、更なる暫定的な実務遂行は出来ない。従って、30年3月31日をもって山脇会長以下幹事役員、任期満了とする。これに伴い、会長の選出を行わなければならないが、緑楯会会則ではその方法が定められていないため今回の会長選出の手順は以下の通りとした。

2月28日    山脇氏、会長立候補意思確認発送書類作成

3月 9日    緑楯会会長立候補者意思確認書発送  今回は自薦のみ

3月23日    緑楯会会長立候補締切

3月31日    山脇会長任期満了

この段階で、複数の立候補があった場合は、緑楯会会長、幹事経験者により会議を行い調整する。ここで調整がつかなかった場合には、下記日程にて投票を行い決定する。

4月13日    投票用紙発送

4月27日    投票締め切り

6月 2日    緑楯会総会 会長決定承認

2、緑楯会会則の改訂

2017年度緑楯会役員幹事会に於いて会則の改訂が論じられてきたが、下記3案が挙げられる。

イ、会則は変えずにそのまま据え置きとする                                    ロ、男子部会を設立しこれと併せて会則の改訂を行う

ハ、会則の改訂自体改めて1から次期会長に委ねる

何れにせよ、29年度会長、幹事役員(暫定)は3/31の任期満了に伴い、今年度での決定は不可。30年度への持ち越し課題とする。

3、男子強化部会の設立(起案)                                                  青井幹事より標記起案あり。

【内容】

イ、設立趣旨:現役の強化支援を目的とし、緑楯会と独立して活動を行う

ロ、活動内容: ①部員の指導(生活、学業、チーム、技術)②スカウティング活動(選手勧誘、高校との関係構築、学内調整、実業団との関係構築)③就職支援④資金集め ⑤中長期を加味した強化計画の立案及び推進

ハ、背  景:近年、男子部に於いても2部優勝、入替戦進出、東日本インカレベスト8等、飛躍を遂げている。これに対して、現役への現在の支援体制が不十分であり、1部昇格、定着を目指すためのバックアップ体制が必要と考える。これに伴い、若手を中心に男子部の更なる強化の為に当部会を発足したい。

この問題は、前述の「 2.緑楯会会則改訂 2)男子部会を設立しこれと併せて会則の改訂を行う 」とリンクした案件となる為、来年度、平成18年度役員幹事会に持ち越しとする。

4、その他

イ、資金不足の問題 現在、緑楯会費の納金状況が非常に悪く会の活動に支障をきたしている状況(特に男子部)

・監督・コーチへの謝礼が支払えない状況・・・ボランティア的

・スカウティング活動の経費が自腹の状況

◎これらを払拭するには会費集めが必須 ⇒ 会員数自体男女とも150人程度と少ない

→ 納入者を増やすことが必要(納入者比率UP)

→ お願いの仕方、通知の仕方に工夫が必要

*コンビニ納入の実施・・・手数料の問題。要確認。

ロ、通知、ご案内方法の見直し

個人情報の問題で会員名簿を整備し辛い状況                                          [現状]  ・・・試合日程・結果報告、会合のご案内、会費等の納入のお願い等。

男子部:LINE、メールのみで行い、郵送は依頼のあった方のみ(数件)→通信費がかからないメリット

女子部:今までは全て郵送で行っていたが、会費は今年度からメールで依頼→納入件数が減少した

*但し、今回の祝勝会のような場合は全て郵送。                                   ◎どのようにしていくか、再度検討が必要。

コンテンツ

ページトップ