平成22年度総会議事録

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

平成22年度総会議事録

2010.07.01 更新

【平成22年度】

文責・奥本浩平

<総会>

■日 時 平成22年5月30日(日)午後2時〜3時半

■場 所 青学会館校友センターA会議室

■出席者

中沢和夫(S33年卒)、島田英生(S37年卒)、平忠司(S38年卒)、古瀬順、奥本浩平(以上S39年卒)、生瀬良造(S40年卒)、辻裕之(S54年卒)、田上隆(S57年卒)、中川真豪(S60年卒)、本多和彦(S63年卒)=以上男子

玉井祐子(S34年卒)、雛田聡子(S39年卒)、加藤真美(S57年卒)、谷紀子、大庭優香(以上S58年卒)、川上睦美(H2年卒)、三好翠(H19年卒)、江森圭美、伊藤彩香(以上H21年卒)=以上女子

オブザーバー=高窪貞人名誉部長、平澤典男部長

(注)カッコ内S=昭和、H=平成、洋数字は卒業年度。

■議 題

平成21年度活動報告(奥本)=別紙参照=

平成21年度会計報告(古瀬=男子、川上=女子)=別紙参照=

男子役員改選(奥本)=別紙参照=

会則第五章会計第20条に付いて「70歳以上とあるが定年年齢を勘案して65歳としてはどうか」との提案。昨21年度総会で高齢者の実情を考え70歳以上としたが、その年齢をさらに引き下げるというもの。「会費は卒業後10年未満及び65歳以上は1口5,000円以上、その他の会員は10,000円以上とする」としたい。

■議 決

活動報告、会計報告、役員改選、会則の一部変更についてそれぞれ承認。

■発 言

▽春合宿で山脇シニアマネジャー(SM)の旅費を負担したことは会則第5条3項に反し、寄付者への背信行為ではないか。▼「この項は『現役バレーボール部の活動に必要と思われる経済的援助』とある。部活動に必要と言う点から役員会は、この項に何ら抵触しないと判断、寄付者に対しても同じ観点から背信していないと考える。ちなみに監督は山脇SMの参加を要望、夏合宿は自費参加している。もっとも縛りをきつくするのであれば、文言を変える必要があるが」

▽春合宿の会計報告でボール代として2万円を寄付とあるが、(学生への)活動援助金は何にどのくらい使い、どのくらい赤字なのか。▼「報告書の書き方にも問題はあるが、春合宿援助としてOB2人から部の口座に計2万円が振り込まれた。22年度春リーグから試合球が従来とは全く異なるボールに変更されたが、10個しか購入していなかった。練習で慣れるためにもあと10個は必要と考え、ボールメーカーを通して格安で購入させた。その際、『寄付金を使ってよいか』と言われ、OKを出した。OBから頂いた援助金22万5000円は12万2000円を学生支援に使い、残りはコーチの交通費、立替分の補填など通常の活動に使った。活動援助金は学校からの課外活動支援金のことかと思われるが、その使い方の中身は掴んでいない。山脇SMの当然の役割として21年度分からチェックする」

▽2011年度スポーツ推薦受験者への対応について(男子では)田上君以外は選手訪問させていないが。▼「誤解があるようだ。強化担当の田上幹事が中心だが、県外のOB、山脇SM、監督、コーチにもお願いしているし、原先輩にも多忙な中で尽力いただいている。奥本自身も(原さんに比べれば)全く不十分だろうが動いている」

<奥本を含め役員のほとんどが知らなかった話(原前会長の指摘)>

09年度女子部には活動支援金932,00円、男子部559,000円(体育会への支援金は四千三百万円) 男子部は49部中(男女別の部も含め)少ない方から5番目、一人の山岳部、五人のスキー部、十人のハイキング部より少ない。原因はリーグの3、4部で弱かったからだが、他の理由は、体育館での喫煙、着替え、頭髪の染め、そして何より大きいのは体育会対象の試験を唯一ボイコットした部であること、要するに体育会への協力ゼロより悪く、足を引っ張る存在として委員会から最低の評価。この挽回は強くなること、社会と学内ルールを守ること、主務がサボらず体育会学生本部の会議に出席し(出席率も勘案、女子部はきちんと出席)男子バレー部の現状を報告し理解を得る努力が必要、そうすれば弱いボクシング部12人で855,000円を上回ることも可能だと思う。SMを必要とするならこの様なマネージメント支援をすべきだが、執行部はいかがお考えか。(この項メール 原文のまま)▼「役員会はこのことを踏まえ、事実を確認して、SMを軸にしかるべく対応を考える」

<生瀬副会長の補足説明>

課外活動支援金と言うは、大学から支給される課外活動料援助金のことで、大学が学費の一部として全学生から徴収している。徴収された全額を体育連合会、文化連合会に前年度実績などを考慮して両連合会へ配分額の提示がされる。これを受けて、体育会関係は体育会本部が主催する体育会行事への参加状況、学内外でルールを厳守しているかどうか,活動実績、部員数などを考慮して、各部への配分額原案を提示し体育会幹部会議(主務会議)に諮り、配分額を決定する。当初、バレーボール部は男女一緒に配分を受けていたが、実績がかけ離れてきたため、別々になったようだ。男子はこれまで喫煙のほか体育会が主催する各種行事への参加が不十分で、復活するには相当厳しいものがある。なお、7年ほど前から体育実技が必須から選択科目になったことで、体育実技として使用していた用具などの共用は出来なくなり、バレーボール部でいえば、部で使用するポールやネットなどは自前で購入することになり、部の財政は決して楽ではない状況となっている。(この項要旨)

▽奥本会長は合宿、納会など学生への支援を多くしている。

本来学生より支援すべきは指導者であり、学生が多く入学しても指導者不足なら何の意味もない。通常会費に加え合宿支援金で70万円近くあるはずで、50万円を指導者の礼金、別途20万円が指導者謝礼として(大学後援会費の中から)支給されるので計70万円位を二人の指導者に支払うべきだ。学生は集められるが、指導者は失うと探すのが大変、特に日体大出身者は貴重です。日体大出身の高校の監督の多さと情報網の凄さ、金には代えられません。▼「現に21年度下期は財政事情から監督へは(大学後援会費からの)20万円、コーチへは交通費だけで頭を下げるしかなかった。この現実からもご指摘は真摯に受け止めなければならない。良かれと思ってやってきたことだが、結果としてOBの皆さんから頂いた浄財を有効に使っていなかった。この反省の上に立ち、会財政の支出には優先順位を付けて対応する。学生には、部会計などマネージメントについてもこれまで以上に指導し、自立を促していく」=以上は出席の島田英生先輩に原前会長がメールで託した

※質問内容▽と奥本の回答▼。要約したところもあり、総会では時間の関係で公表されなかった部分もあって、回答も議事録作成段階で追加して判りやすくした。

▽部員の教育は大事だ。社会に出ても恥ずかしくない教育をしてほしい。ルールを守らせることは特に大事だ。

▽多くがOB会に背を向けている。各年代でコミュニケーションを取り合って、集まりに出るようにしてもらいたい。

▽男子は固定的なメンバーで(役員)構成していたからこうなる(若返りが出来ない)と思っていた。女子は幹事の年代を下げて若返らせてきた。男子もそうしたらどうか。▼「男子もいつまでも高齢の先輩に頼っていてはいけないと思って若返りをはかるよう努めているし、そうしたい」

▽(年会費の納入率がよくないということだが)新入会者には会費を3年間前払いしてもらってはどうか。▼「納入率の向上へ向け、会員への情報提供を積極的に行う」

なお、総会に先立ち、男女新入部員(別紙)の自己紹介を行った。

◇懇親会

総会終了後、高窪名誉部長の乾杯の音頭で始まり、あいさつに立った平澤部長の「青学に来て30年、定年までの残り8年はバレーボール部のためにがんばる」の言葉に会場は大きな拍手。松原茂年先輩からお祝い「男子2部昇格、総会おめでとう」として贈っていただいた銘酒「久保田」を飲みながら大いに盛り上がりました。

以上

コンテンツ

ページトップ