2018年度 女子準V

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

2018年度 女子準V

2018.12.02 更新

本学女子、健闘の準優勝 及川真に敢闘

2018全日本インカレ最終日

本学女子、健闘の準優勝 及川真に敢闘  
悔し!本学女子、2年連続5回目の優勝は成りませんでした。男子71回、女子65回全日本大学バレーボール選手権大会最終日は2日、東市川京・大田区総合体育館特設コートでで男女の3位決定戦と決勝戦を行いました。2連覇を目指した本学の女子(関東1部4位)は昨年に続いて筑波大(関東1部7位)と対戦し、1-3で敗れ、準優勝に終わりました。筑波大は9年ぶり7回目の日本一。男子は昨年の覇者早稲田大(関東1部1位)に、福山平成大(中国1部2位)が初優勝をかけてチャレンジしましたが、1-3で夢を砕かれました。早稲田大は2年連続6回目の優勝です。個人賞では本学から敢闘選手賞に及川真夢、レシーブ賞に市川彩の2選手が選ばれました。

コンテンツ

ページトップ