本学女子、入れ替え戦の危機

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

本学女子、入れ替え戦の危機

2016.05.23 更新

2016春季リーグ戦最終週

 
関東大学バレーボール2016年度春季リーグ戦は21日、最終週を迎え、男子2部第10日は亜細亜大学体育館で、女子1部第8日は青学記念館で、それぞれ行われました。本学の男子は国際武道大をストレートで下し、通算6勝4敗として、最終日を待たずに勝ち越しを決めました。女子は東海大に完敗、通算2勝6敗で、入れ替え戦を賭けて最終の嘉悦大戦(22日)に臨みます。

[男子]▽2部第10日(21日・亜細亜大体育館)

本学(6−4)3(25−23、27−25、25−23)0国際武道大(7−3)

スタメン=レフトウイング薬師寺①−渡辺①、ミドル佐藤吉③−松島③、オポジット木下③、セッター田島②、リベロ金沢③。

攻守とも本学が上回っていました。ここまで2敗の国際武道、1部との入れ替え戦の可能性(2位以上)があるだけに警戒していました。が、本学がミスで崩れた2セット目以外は、スコア上は競っていますが、内容は快勝です。

サーブカットが乱れなければ、本学の持ち味、コンビネーションプレーが発揮されます。松島、佐藤吉が速攻に入り、薬師寺、渡辺、木下が左と思えば右から、前からも後ろからも切り込んでスパイクします。

1セット目など13−12からミスがらみで13−15と逆転された以外は、本学が主導権を握り続けました。第2セットは、それこそ一気に行く展開。8−8から薬師寺、松島が強打で、さらに松島がブロックで抑え込んで11−8と突き放します。ところが、ここから本学の悪い癖が出ます。気のゆるみでしょうか、12−9から木下、田島(トスミス)、松島と3連続ミスで12−12。相手に流れを渡して21−23、23−24とセットポイントを与えます。

それでも不思議とセットを取られる気がしないのです、この試合。案の定、相手のサーブミスで何もしないでジュースに。渡辺のブロックで25−24と“逆王手”も、今度は田島のサーブミスで再びジュースとなりますが、それなら、とばかりに木下、渡辺が容赦なく決めて、2セット連取しました。第3セットは終始リードして、19−19、23−23、と追い付かれますが、そこまで。マッチポイントはブロックで締めました。

多彩なフォーメーションを駆使したスタイルは、青学カラーになってきました。これを支えるのがサーブとサーブカット、もう一つ大事なのがメンタルです。

攻撃の要、木下の中央からのスパイク(14・薬師寺、5・金沢)

見事にそろった3枚ブロック(左から薬師寺、松島、木下)=写真は篠原典位女史撮影=

ルーキー渡辺のサーブレシーブ。不安そうなリベロ金沢

青学得意のコンビネーション。時間差攻撃のおとりに入る松島(写真は篠原典位女史撮影)

 
 
そのほかの試合、法政大(10−0)3−0大東文化大(5−5)、国士館大(8−2)3−0慶応大(7−3)、亜細亜大(8−2)3−1立正大(1−9)、宇都宮大(5−5)3−2山梨大(2−8)、桜美林大(1−9)3−2東京経済大(0−10)。(注)チーム横カッコ内の数字は通算成績。

 

女子、全勝東海大を苦しめるも善戦まで

 
[女子]▽1部第8日(21日・青学記念館)

本学(2−6)1(25−19、24−26、23−25、20−25)3東海大(8−0)

スタメン=レフトウイング泉コートキャプテン④−坪川③、ミドル奥山③−及川真①、オポジット宮下①、セッター山野辺③、リベロ小島主将④。

全勝の東海を苦しめましたが、善戦まででした。第2セットはセットポイントを奪いながらの逆転を許しました。ここまでの戦績から見て、完敗を予想していただけに、この試合の戦いぶりは、チーム力が付いてきたと見て良いのでは。「(第2セットの)2点の差に、まだまだ力からの差を感じます。明日(嘉悦大戦)は1セットも落とさないよう頑張ります」泉コートキャプテンは勝てなかった悔しさをにじませていました。

その他の試合、筑波大(8−0)3−0嘉悦大(1−7)、順天堂大(6−2)3−0早稲田大(2−6)、東京女子体育大(5−3)3−0宇都宮大(3−5)、日本体育大(3−5)3−2日本女子体育大(2−6)。(注)チーム横カッコ内の数字は通算成績。

コンテンツ

ページトップ