本学女子、東女体にまさかの完敗

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

本学女子、東女体にまさかの完敗

2016.04.19 更新

2016春季リーグ戦女子1部開幕

関東大学バレーボール2016年度春季リーグ戦は17日、女子1部が青山学院記念館で開幕。2013年度秋以来5季ぶりの優勝を目指す本学は、東京女子体育大にまさかの完敗を喫し、前途不安なスタートとなりました。第2週目の男子2部は16、17の両日、亜細亜大体育館で行われ、本学は東京経済大、立正大に快勝して開幕3連勝をマークしました。

主力ケガ、選手起用に苦慮する生瀬監督

  [女子]▽1部第1日(17日・青山学院記念館)

本学(1敗)1(10-25、19-25、25-20、17-25)3東京女子体育大(1勝)

スタメン=レフトウイング泉コートキャプテン④-坪川③、ミドル野嶋華澄①-奥山奈映③、オポジット市川彩①、セッター山野辺輝③、リベロ小島主将④。

セッターの比金みなみ③は右手首けんしょう炎、ミドルの吉岡可奈③(内臓疾患)、及川真夢②(右ヒザ手術)を欠き、攻撃の軸に1年生を抜擢する苦心のスタメンでした。4人が開幕戦でしかも初めての先発とくれば、緊張感いっぱいは当たり前でしょう。第1セットなど8-9から連続で10点を許してしまいます。その間、選手交代(坪川→兼若真由③)を挟んでタイムアウト2回使い切りました。サーブレカットが悪く、攻撃も単調になり、相手に面白いように切り返されました。市川をレフトへ、オポジットに宮下聖果②を入れて臨んだ第2セットでしたが、流れは東女体大。一方的な展開にはならなかったものの、本学は一度もリードすることはありませんでした。

ゲームを作ったのは第3セット。奥山に代えてミドルに及川佑加②を先発、ベンチの苦労が手に取るようです。それでも劣勢は変わりませでしたが、7-9から相手の連続ミスから泉が3連続で強打を決めるなどして12-9。この試合で初めて先行したのです。サウスポーの宮下、パワーの市川がその片鱗を発揮して、何とかセットをもぎ取りました。

この調子でフルセットへ、の思いは…。サーブカットは相変わらずで、ラリーはほとんど相手に取られる始末。連続5点を2回も許していては勝ち目はありません。ブロックとレシーブの連携など、この試合を見る限り、チームとしての完成度で東女体が上回っていたのは確かです。

プログラムで小島満菜美主将は今シーズンの抱負を述べています。「(前略)今年度こそ、目標の前日本インカレ優勝を成し遂げたいと思います。今年は『考える力』をテーマに、先輩方が作り上げてくださった伝統を守りつつ、新しいことを取り入れながら、より良いチームを作っていきます。そのために私たち最上級生が中心になり、辛い時でも互いに励まし合いながら切磋琢磨していきます(後略)」と。けが人続出で戦力が整わず、いきなり躓いた形になりましたが、大学日本一へ向かっての巻き返しを楽しみにしています。

泉彩子コートキャプテン「1、2セット、今年初めての公式戦ということもあり、緊張のせいか、いつも通りのプレーが出来ず、流れがつかめないまま相手ペースでセットを落としてしまいました。第3セットは自分たちの流れに持っていくことが出来たのでセットを取ることが出来ましたが、4セット目は1、2セット同様、出だしで走られてしまい、そのまま点差を詰めることができないまま終わってしまいました。全体として、ブロックとレシーブの関連性がうまく取れておらず、相手の攻撃に対しての対策が甘かったため結果的に相手をペースに乗せてしまいました。守備と攻撃のバランスが相手に比べて劣っていたのが、今回の敗北の大きな理由だと思います。しかし、良い形のコンビがゲーム中になかったわけではなく、良い形の時は決められていたので、次の試合からは良い形のコンビを組むために一本目をどれだけ丁寧にあげられるかが課題で、簡単に一本で決められる力はまだないので、守備力、つなぎでいかに粘って相手を追い詰められるかが勝利のカギとなると思います。今回の反省点を生かして来週からの試合に今から備えていきたいと思います」(報告要旨)

▽新しい名前を紹介します。

奥山奈映③(総合文化政策学部、ミドル、身長175cm、最高到達点288cm、三重・津商業高出)特

兼若真由③(経済学部、ウイング、170cm、280cm、千葉・柏井高出)

山野辺輝③(経営学部、セッター、160cm、275cm、東京・下北沢成徳高出)

野嶋華澄①(文・比較芸術学科、ミドル、181cm、294cm、東京・八王子実践高出)特

市川 彩①(総合文化政策学部、ウイング、171cm、285cm、神奈川・大和南高出)

宮下聖果①(総合文化政策学部、ウイング、170cm、287cm、福井・福井工大附高出)特

及川佑加①(法学部、ミドル、177cm、288cm、栃木・國學院栃木高出)特

立石優華①(経済学部、リベロ、167cm、275cm、山口・誠英高出)=ピンチサーバーで

出場。(注)特は特別強化枠推薦、そのほかはスポーツに優れた者(スポーツ推薦)。

その他の試合、順天堂大(1勝)3-2日本体育大(1敗)、東海大(1勝)3-0早稲田大(1敗)、筑波大(1勝)3-0宇都宮大(1敗)、日本女子体育大(1勝)3-2嘉悦大(1敗)。

コンテンツ

ページトップ