本学、男子は敗れ、女子は勝つ

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

本学、男子は敗れ、女子は勝つ

2017.06.09 更新

第68回東北学院定期戦

 第68回東北学院大学定期戦バレーボール競技は6月4日午後12時半から仙台の東北学院大学泉キャンパス体育館で開会式に引き続き女子、男子の順で行われました。就活や教育実習、ケガなどで本学は男女ともベストメンバーが揃わない中、女子は勝ち、男子は競り負けました。

▽女子

本学3(25-17、25-14、21-25、25-15)1東北学院大

「誰が出ても青山学院として戦い、東日本インカレに向けて15点以内に抑えて勝つことを目標に臨みましたが、1セット落としてしまいました。落とした3セット目は、出だしからサーブで崩され、何本もエースを取られました。プッシュでの速攻に最後まで対応できませんでした。このテンポの速きプッシュ攻撃は、関東のチームではなかなかなく、戸惑いましたが、自分たちにないものを学ぶことが出来ました。東日本インカレではタイプの違うチーム、初めて対戦するチームもあるので、素早く対応できるように今回の課題を生かして練習に取り組んでいきます」(高木晴香主務の報告から)

コンテンツ

ページトップ