本学女子悔し、2冠ならず、

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

本学女子悔し、2冠ならず、

2013.06.25 更新

第32回東日本インカレ

 
本学女子は平成19年以来の優勝を逃しました。バレーボールの東日本大学選手権大会は6月20日、東京体育館などで北海道、東北、北信越、関東の各学生連盟加盟の男女各45校が参加して開幕、23日までの日程で熱戦を繰り広げました。本学女子(関東1部)は最終日の23日、神奈川・日体大健志台キャンパス体育館で春季リーグ戦に次ぐ2冠を掛けて東京女子体育大と対戦しましたが、ストレートで敗れました。東女体大は11年ぶり3度目に優勝。男子の本学(関東2部)は21日の2回戦で筑波大(関東1部)、あと一歩まで攻め込みましたが、フルセットの末惜しくも敗れました。優勝は明治大(関東1部)が日体大を(同1部)をフルセットで破り初めて東日本を制しました。女子の個人表彰では本学の望月玲奈④が敢闘賞とスパイク賞、伊東千寿留主将④がブロック賞、古市麻衣④がレシーブ賞にそれぞれ輝きました。

 
 
◇第1日(20日)

[男子]

▽1回戦(墨田区総合体育館)

本学3(25-12、25-11、25-19)0桐蔭横浜大(関東4部)

春季リーグに続いて2冠を狙う第1シードの本学女子は21日の2回戦(21日)から登場、東京体育館で立教大(関東2部)と対戦。

◇第2日(21日)

[男子]

▽2回戦(墨田区総合体育館)

本学2(19-25、25-16、25-19、22-25、15-17)3筑波大(関東1部)

勝てる試合を落とした、と言う印象です。

第1セットはレフト宮村主将④-辰①(都城工出)、センター梶原③-小泉翔太②、ライト佐藤①(星城高出)、セッター杉山④、リベロ頼金④でスタート。1年生のレベルアップがテーマです。

筑波は4年生が教育実習のため、リベロを含め6人が3年生以下と言う若い布陣です。

本学も若い辰、佐藤が踏ん張って中盤まで互角の戦いを見せ、取られはしましたが、手ごたえを感じるセットでした。

セッターを牧瀬②、ライトに岩橋③を入れ、勝負に出た第2セット。筑波を圧倒します。「勝てるのでは」スタンドで見ていて、予感が走りました。

セットオールどころか、第3セットもあっさりとって“王手”を掛けました。

コンテンツ

ページトップ