本学男子、初のべスト8 女子は悔し準V

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

本学男子、初のべスト8 女子は悔し準V

2017.06.25 更新

第36回東日本大学手権終わる

 
本学女子の10年ぶりの優勝は成りませんでした。初のベスト8に進んだ男子は、1部上位の壁を破れませんでした。6月22日、墨田区総合体育館を主会場に開幕した第36回東日本バレーボール大学選手権大会は25日、同体育館で男女の3位決定戦、決勝戦を行いました。4年ぶり10度目の決勝進出の本学女子は筑波大(1部1位)と対戦しましたが、自滅する形でストレート負けしました。筑波大は18年ぶり4度目の優勝。3位は東海大でした。アベック8強を果たした本学男子でしたが前日の23日、同体育館で筑波大(1部4位)とベスト4をかけて戦い、終盤の勝負所で突き放され、0-3で敗れました。男子決勝戦は、中央大学が筑波大をストレートで下し5年ぶり5度目の優勝を飾りました。3位は早稲田大。個人表彰では本学女子の山野辺輝が敢闘賞を、及川真夢がブロック賞を、それぞれ獲得しました。

気にかかるセッターのトスワーク

 
[女子]▽決勝戦(25日・墨田区総合体育館)

本学0(16-25、14-25、23-25)3筑波大

スタメン=レフト兼若④-宇治川③、ミドル奥山④-及川真②、ライト宮下②、セッター山野辺④、リベロ若松④。

特設コート、初の決勝戦、選手たちの緊張は想像できます。攻撃力では高さのある筑波が上だが、粘りでは本学。そんな力関係で始まった決戦は、第1セットが流れを決めると見ていました。本学の滑り出しは順調でした。が、試合前からというか、以前から気になっていたことがあります。セッターのトスが小さく(低い、オープンもクイックも)、アッタカーのスイングに余裕がないように感じていました。

それが中盤の勝負所で出ました。11-14から兼若が連続で決めて1点差。追い上げムードに水を差したのが山野辺の独りよがりに見える、しかも小さいトスです。3連続スパイクミスを誘発して一気に13-18。14-18からも2連続のスパイクミスなどで4点を与えて、まさに自滅の形で先制を許しました。

流れをもらった第2セットの筑波は、それこそ攻撃力の差を見せ付けるように左右、バックからと攻めまくります。タイム、2枚替えと本学の策も空しく映りました。

このままで終わってたまるか! 意地を見せてくれ! そんなスタンドの思いがコートに伝わったのか。宇治川に代えて、ケガ(右足)の癒えた本来のエース坪川 ④を先発させた第3セット、中盤で16-14とこの試合初めてリードします。21-22から宮下のサーブで崩して同点。筑波ベンチに初めてタイムを取らせましたが、本学の流れに持ち込めず、力で押し切られてしまいました。

引っ掛かるのはセッターの小さいトスです。速さではないのです。比金主将は教育実習で練習が十分でないため途中出場の形をとっていますが、やっぱり小さいです。パス力の点でも見劣りしました。粘って拾って、セッターがサイドへトスを上げる、短かったり、ネットへくっついたり、アタッカーが持てる力を出し切れないように見えるのです。それでなくても高さとパワーで劣る本学。ここが改善されないと、日本一奪回は難しいと感じました。秋へ変革を待ちます。(奥本浩平)

コンテンツ

ページトップ