本学女子、逆転で10季ぶり7度目の優勝

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

本学女子、逆転で10季ぶり7度目の優勝

2012.12.15 更新

2012年度秋季リーグ戦閉幕

バレーボールの関東大学2012秋季リーグ戦は本学女子の逆転優勝で幕を閉じました。女子1部、男子2部は10月13、14日、青学記念館、駒大玉川キャンパス体育館でそれぞれ第8日、最終日を行いました。第8日、本学女子は日体大をストレートで下し1敗を堅持、首位を行く嘉悦大が最下位の松蔭大に3-2の大苦戦したため、最終日に本学が嘉悦に3-0または3-1で勝てば10シーズンぶりの優勝というドラマが見えてきたのです。そして“結びの一番”、本学は嘉悦を3-0で下し、逆転で7度目のリーグ優勝をもぎ取ったのです。男子は日大に3-1で勝ち、4勝4敗の五分に持ち込み、最終日の駒大戦に勝ち越しをかけましたが、1-3で敗れました。なお、女子の個人表彰で中村愛理主将④が最優秀選手賞とリベロ賞、伊東千寿留③がブロック賞、近藤志歩④がベストスコアラー賞と会長特別賞、生瀬良造監督が優勝監督賞をそれぞれ受賞しました。また男子は2013年度春季リーグから各部12チーム制となります。このため、今季は入れ替え戦を行わず、2部の法政、国士舘は1部へ、3部の平成国際、東京経済、桜美林、立教は2部へ、それぞれ自動的に昇格します。

 

Vへ燃える選手たち、集中力高く嘉悦を3-0

 
【女子】◇1部最終日(10月14日・青学記念館)

本学3(25-23、25-20、25-16)0嘉悦大

今季最高のゲーム展開で無敵嘉悦を撃破しました。

スタメン=レフト近藤④-今村①、センター伊東③-松浦③、ライト望月③、セッター

古市③、リベロ中村主将④。

望月のライトからのスパイク(写真:卒業アルバム委員会提供)

 
1敗で追う本学は負ければ終わり。ここまでの得失セットを見ると嘉悦は24-4、本学23-7。この試合、3-1以上の勝ちで本学の優勝です。第1セットがカギを握ります。

セッター比金②がトレーニング中、左中指を脱臼して、古市(津商業高、165cm)が日体大戦から先発の重責を担っています。第1セット、本学は中盤までリードを許しますが、16-16としてからは一進一退、互角の展開となります。

リベロ中村のアンダーハンドトス(写真:卒業アルバム委員会提供)

 
「優勝」へ燃える選手たちは集中力も高く、ボールがなかなかコートに落ちません。日体大戰に続いてサーブで相手を崩します。23-23から1年生エース今村が爆発、連続でスパイクを決めて、ゲームの主導権を握りました。春季リーグ全勝V、東日本女王の嘉悦も押せ押せの本学に気後れ。第2、3セットは一方的、1時間11分で決着を付けました。

10季ぶりのリーグ優勝が決まった瞬間(写真:青山スポーツ提供)

優勝の瞬間、スタンドのOG、父母も大歓声(写真:卒業アルバム委員会提供)

就任3年目、初の胴上げに夢心地の平澤部長(写真:卒業アルバム委員会提供)

久しぶりに宙に舞った生瀬監督(写真:卒業アルバム委員会提供)

表彰式で優勝の賞状、カップ、記念ボールをそれぞれ手にする(左から)中村主将、近藤副主将、中西選手(写真:卒業アルバム委員会提供)

ブロック賞を受賞したミドルブロッカーの伊東選手(左端はMVPの中村

主将)(写真:卒業アルバム委員会提供)

10季ぶりに監督賞を受け取る生瀬監督

大きな円陣を組んで喜びのカレッジソング(写真:卒業アルバム委員会提供)

 
▽最終順位①青山学院8勝1敗②嘉悦8勝1敗③日体6勝3敗④筑波6勝3敗⑤東海5勝4敗⑥国士舘4勝5敗⑦東女体3勝6敗⑧宇都宮2勝7敗⑨早稲田2勝7敗⑩松陰1勝8敗。(同勝敗はセット率による)

 
<焼き鳥店でミニ祝勝会>10季ぶりのリーグ優勝を飾った女子部員は14日夜、興奮そのままに、青学記念館から徒歩5分ちょっとの焼き鳥店で祝勝会を開きました。

緑楯会女子部会の雛田総子会長らの音頭で急きょ持たれたミニ宴会には、平澤典男部長先生(副学長)も参加、就任3年目で初めて体験した胴上げの体感そのままに、生瀬良造監督ともども優勝の喜びに浸っていました。にぎやかに2時間半。

喜びのVサインでポーズをとる部員(写真:生徒提供)

 
「青学は知力とハートの強さで勝負する」生瀬監督の言葉に部員たちはうなずき、目標は大きくインカレ(12月)での女王奪還へ向けられていました。

逆転Vの伏線、対日体戰ストレート勝ち

 
▽10月13日・青学記念館

本学3(25-19、28-26、25-18)0日体大

登り調子の日体、サーブで崩して逆転Vへ望みを繋ぎました。

スタメン=レフト近藤④-今村①、センター伊東③-松浦③、ライト望月③、セッター

古市③、リベロ中村主将④。

正セッター比金の負傷でこの試合が初先発の古市

 
司令塔にいつもの顔が居ません。比金②が負傷(左手中指脱臼)で3年生の古市が初めて先発しました。当然、緊張。トスが小さくなってしまいがちです。それでもチームの意思はしっかりしていました。サーブが走ります。9-7から望月のサーブで5連続点を奪うと23-16から2枚替えで1年生セッター田中美帆(細田学園高、165cm)を起用するなどして、あっさり先取しました。

第2セット、本学は序盤レシーブが乱れて1-5とリードを許します。が、徐々に追い上げ23-20と逆転。24-22としたものの24-25と再逆転されます。再びジュースに持ち込みましたが、26-26。「優勝」の可能性があるのと無いとの違いがでます。今村、近藤が強打を決めて粘る日体を振り切りました。

第3セットは望月のサーブで揺さぶり7連続点。勝負ありでした。結果としてこの3-0が逆転優勝の伏線になっていることは間違いありません。

1年生エース今村のスパイク

コートキャプテン近藤のサーブレシーブ(写真:卒業アルバム委員会提供)

コンテンツ

ページトップ