本学女子、4勝2敗で後半戦へ

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

本学女子、4勝2敗で後半戦へ

2016.10.12 更新

2016年度秋季リーグ戦

2016年関東大学バレーボール秋季リーグ戦女子1部第5日の9日は青学記念館で、第6日の10日は会場を青山学院大相模原体育館に移して、それぞれ行われ、本学は宇都宮大を3-0、東京女子体育大を3-1で下し、通算4勝2敗としました。いわて国体のため日程が変則となり、8日には日体大世田谷キャンパス体育館で第4日の残り2試合を行いました。

効果的なブロックで宇都宮を一蹴

 
[女子]▽1部第5日(9日・青学記念館)

本学(3-2)3(25-18、25-17、25-20)0宇都宮大(2-3)

スタメン=レフト泉コートキャプテン④-坪川③、ミドル奥山③-及川真①、セッター比金③、オポジット宮下①、リベロ小島主将④。

「ブロックが効果的で、うまく切り返して得点に結びつけることが出来ました。(優勝を)あきらめず頑張ります」電話の向こうで泉副主将の声も弾んでいました。

その他の試合、日本体育大(3-2)3-2東海大(4-1)、筑波大(4-1)3-1日本女子体育大(2-3)、東京女子体育大(3-2)3-0早稲田大(0-5)、順天堂大(1-4)3-1松蔭大(2-3)。(注)校名横カッコ内の数字は通算成績。

 

競り合いを制して東女体を撃破

 
[女子]▽1部第6日(10日・青山学院大相模原体育館)

本学(4-2)3(25-22、21-25、25-23、31-29)1東京女子体育大(3-3)

スタメン=レフト泉コートキャプテン④-坪川③、ミドル奥山③-及川真①、セッター比金③、オポジット宮下①、リベロ小島主将④。

「全セット、相手にリードを許す展開になりましたが、終盤に勝ち切ることが出来、自信につながりました。ただ、競る前に防げた失点や決めきれなかったところもありました。残り3試合、試合を通して成長している実感はありますが、もっともっと成長できるチームだと思います。負けた試合から学ぶことも多くありますが、勝ち切れた試合からも反省点を明確にして、改善していきます」(泉副主将のリポート要旨)

その他の試合、東海大(5-1)3-0松蔭大(2-4)、筑波大(5-1)3-0日本体育大(3-3)、

日本女子体育大(3-3)3-0宇都宮大(2-4)、順天堂大(2-4)3-0早稲田大(0-6)。(注)校名横カッコ内の数字は通算成績。

<第4日残り試合の結果>

[女子]▽1部第4日残り2試合(8日・日体大世田谷キャンパス体育館)

日体大(2-2)3-0松蔭大(2-2)、宇都宮大(2-2)3-2順天堂大(0-4)。(注)校名横カッコ内の数字は通算成績。

コンテンツ

ページトップ