本学男子、日大に手痛い敗戦

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

本学男子、日大に手痛い敗戦

2015.10.04 更新

再開2015秋季リーグ戦

 
関東大学バレーボール2015年度秋季リーグ戦は3日再開。男子2部第7日は町田市総合体育館で行われ、本学は日大に1-3で敗れ手痛い2敗目を喫しました。青学記念館の女子1部第4日、本学は日本体育大学をストレートで下し、通算2勝2敗としました。

[男子]▽2部第7日(3日・町田市総合体育館)本学5勝2敗

本学1(19-25、22-25、25-18、23-25)3日本大(7-0)

スタメン=レフトウイング辰③-高岡②、ミドル小泉翔太主将④-松島②、セッター牧瀬④、オポジット木下②、リベロ金澤②。

小早川監督「相手のインナー攻撃へのレシーブ、切り返しの時のコンビのトスワーク、1、2セットのサーブの甘さが敗因」

小泉主将「負けて申し訳ありません。明日の慶応には必ず勝ちます」

これを入れて残り5試合。1部との入れ替え戦を考えるともう負けられません。が、負けました。正直、本学と日大の差はほとんどないと思いました。勝ってもおかしくない内容でした。1、2セット、高岡、辰がサーブで狙われ、リズムを崩して僅か40分で連取されました。

決定力の差と言ってしまえばそれまで。ただ、セッター牧瀬のサイドへのトスが不安定で攻撃力を生かし切れなかったことも確かです。パス、繋ぎの精度もあってセッターだけを攻めるつもりはありませんが、スパイカーとの呼吸は相手セッターの方が合っていたように見えました。1部との入れ替え戦は厳しくなりました。残りの慶応、中央学院、大東文化、亜細亜との戦いに勝ち越してほしいと願っています。(この項奥本浩平)

その他の試合、大東文化大(6-1)3-2慶応大(6-1)、中央学院大(7-0)3-0亜細亜大(4-3)、国際武道大(4-3)3-0平成国際大(0-7)、宇都宮大(2-5)3-0立正大(0-7)、山梨大(1-6)3-0桜美林大(0-7)。(注)校名横のカッコ内は通算勝敗。

 

女子、強さ取り戻して2勝目

 
[女子]▽1部第4日(3日・青学記念館)本学2勝2敗

本学3(25-15、25-23、25-17)0日本体育大(3-1)

スタメン=レフトウイング今村主将④-坪川②、ミドル財前④-吉岡②、セッター比金②、オポジット泉③、リベロ小島③。

今村優香主将「今日はサーブで攻め相手を崩し、2段トスからのスパイクを拾って切り返すことができました」

女子の状態は良くないと聞いていましたが、今日は強さを感じました。サーブで日体を崩していたし、第2セット終盤、勝ちを意識し連続失点した以外は危なげなし。“バレーボールはサーブとサーブレシーブ”を証明するようなゲームでした。(この項本多和彦)

その他の試合、筑波大(4-0)3-0順天堂大(2-2)、日女体大(1-3)3-2松蔭大(1-3)、嘉悦大(3-1)3-0早稲田大(0-4)、東海大(3-1)3-1東京女子体育大(1-3)。(注)校名横のカッコ内は通算成績。

コンテンツ

ページトップ