女子部一役 有意義な学生生活のために

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

女子部一役 有意義な学生生活のために

2019.04.05 更新

本学初のスポーツイベント「アイビーグリーンマッチ」

女子部 学生たちの意気高揚に一役

女子バレーボール部も、青学の学生による一体感の醸成と大学への帰属意識の向上を図る活動に一役買いました。本学は今年から新しい大学スポーツイベント『The Ivy Green Match』をを開催。女子部は入学式の翌日、4月2日午後5時半から相模原キャンパスで立教大学とエキシビションマッチを行いました。スタンドでは入学直後の新入生ら900名近い観戦者全員がグリーンのビブスを着用して応援。試合中にはスポンサーの方のMCが入り、得点した時は盛り上げ、失点の時には応援のエールを入れて、場内を沸かせてくれました。セット間には、体育会サッカー部の紹介や参加型モップレースを他部の方々が行い、新入生を巻き込んで意義のある時間を持てたと思います。

▽アイビーグリーンマッチ(4月2日・青山学院大相模原キャンパス体育館)

本学3(25-13、25-9、25-18)0立教大学(関東大学リーグ3部B)

 
オールコートでたくさんの観客。いつもとは違う雰囲気の中での試合はとても貴重な経験になりました。今回のイベントで学校関係者、スポンサーの方々など多くの人と関わり、多くの方々の支援があって私たちはバレーボールができているということを改めて感じました。恵まれた環境でバレーボールができているということに感謝の気持ちを持って、日々練習に取り組んでいきたいと思いました。リーグ戦に向けてまた一つ気合いを入れることができました。

今回、女子バレーボール部が選ばれた理由としては、強化指定部が前提で、中でもバレーボール、バスケットボールが応援しやすいということで戦績の良い女子バレーボール部と男子バスケットボール部が選ばれました。対戦相手チームを決めるに当たっては、学校側から「認知度が高いMARCHの中から」との要望もあって、自分たちで今回は立教大学に対戦を申し込みました。 (及川佑加主務のレポート)

健康で人間関係豊かなカレッジライフ

◇開催目的:大学生が最初にコミュニティーを認識し、自らの帰属意識を強める新入生の4月に大学スポーツを応援する(周囲と同じブランドを身に付け、周囲と同じチームを自らが大声で声援する)ことで、強力な帰属意識を刷り込むことができる。新入生に帰属意識を刷り込む大学スポーツコンテンツを「カラーリングゲーム」と定義し、特に一般学生が健康増進のためにスポーツをする機会やスポーツを応援する機会を設けることにより、スポーツを大学のコミュニティー活動として興味を喚起し、健康で人間関係の豊かな「カレッジライフ」の実現に貢献することを目的とする。

▽アイビーグリーンマッチ

男子バスケットボール(4月4日・青山学院大記念館)

青山学院大77-66明治大学

この他カラーリングイベントとして、4月3日にはBリーグ所属のプロチームで青学記念館をホームコートとする日立サンロッカーズ東京の試合観戦も行われました。

ネットでは

電通と青山学院大学が、新しい大学スポーツイベント

「The Ivy Green Match」を開始

 
株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)と青山学院大学(学長:三木 義一)は、2018年7月に締結した「スポーツ分野における教育研究に関する包括協定」に基づき、「学生が自らの大学を応援する」文化を醸成するプログラムの研究・開発を行っていますが、このほどその研究の一環として、新しい大学スポーツイベント「The Ivy Green Match」(以下:アイビーグリーンマッチ)を開始します。

近年の大学スポーツにおいて、「学生が自らの大学を応援する」ことは必ずしも盛んとはいえず、青山学院大学の学生による大学スポーツの観戦や応援経験は31.4%に留まっています(青山学院大学2017年調査)。そこで、学生による一体感の醸成と大学への帰属意識の向上を図るため、大学スポーツをイベントとして演出し、観戦や応援経験を一気に引き上げるアイビーグリーンマッチを企画しました。

具体的には、観戦者全員にビブスを配るなど、会場全体を青山学院のスクールカラーと同色の濃緑(Ivy Green)にカラーリングするとともに、プロ仕様の設営・演出を導入したり、NCAA(全米大学体育協会)並みのイベント空間を創造したりするなど、大学スポーツに新たな魅力を付加します。アイビーグリーンマッチの第1弾は次の2試合で、入学直後の新入生を中心に自らの大学を応援する場を設けます。なお、試合終了後には、研究の一環として、アイビーグリーンマッチを体験した学生に対して、大学への帰属意識の変化や態度変容等について調査する予定です。

<アイビーグリーンマッチ開催予定>

▽相模原キャンパス

4月2日(火)17時30分〜 A棟アリーナ

青山学院大学体育会バレーボール部(女子)VS立教大学体育会女子バレーボール部

▽青山キャンパス

4月4日(木)18時40分〜 青山学院記念館(大学体育館)

青山学院大学体育会バスケットボール部(男子)VS明治大学体育会バスケットボール部(男子)

今後も電通と青山学院大学は、学生によるスポーツ観戦の活性化とスポーツを通じた大学への帰属意識の向上などに資するプログラムの研究・開発を進めてまいります。

【本件に関する問い合わせ先】

株式会社電通 コーポレートコミュニケーション局 広報部

以上

コンテンツ

ページトップ