平成25年度活動報告

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

平成25年度活動報告

2014.07.01 更新

<25年度活動報告>
<緑楯会>
▽総会(H25年6月9日・校友センターA)
引き続き懇親会

▽役員会6回(7月28日、10月20日、11月22日、H26年2月2日、3月23日、5月18日)

▽年会費・寄付金の納入状況
OB471,002円(208名中年会費37名390,000円、寄付金19名181,002円。
OG390,000円(176名61名。年会費182,000円、寄付金208,000円)。

▽広報活動
PC、携帯メール、校友会HPを中心に情報を発信してきた。古い先輩数名には電話、FAXでその都度報告した。Eメール、携帯メールの利用者はOB77名、OG18名、父母他11名

▽チーム強化
男子=スポーツに優れた者4名、指定校推薦1名。一般入部者3名。女子=特別強化枠3名、スポーツに優れた者6名。男子ではセッターを採れなかったことが悔やまれる

▽OG現役交流試合(11月3日・青学記念館)
引き続きOB・OG懇親会

▽男子部歓送迎会(H26年2月8日・ホーリー館)
平澤部長、新入部員5名中4名、父母13名、OB10名出席。これに先立ちOB現役一体の交流試合を行った

▽女子部送る会(H26年3月29日・ホーリー館)
平澤部長、雛田女子部会長、OB2名が出席

▽4年生部員、新入部員の父母への手紙(4年生男女各8、新入部員男子5、女子9)
例年通り4年生へは卒業前、新入部員父母へは入学式後。

<体育会OB・OG連合会>
(幹事=奥本浩平、年会費20,000円)

▽総会
H25年3月16日・校友センターA、引き続き懇親会

▽幹事会4回

▽「先生・監督・コーチへの感謝の集い」(7月17日・IVYホール)

▽ゴルフコンペ(10月17日・太平洋クラブ御殿場西コース)
本会からOBの原進、堀美喜雄、島田英生の3氏とOGの堀田利子さんが参加、団体で2位、個人で原氏が4位

▽OB会長会(12月18日・校友センターA)

▽顕彰(3月14日・IVYホール)
36団体38名。バレーボール部からは男子・青井勇気主務?、女子・岩島みなみ主務?

▽総会(H26年4月25日・校友センターA)
引き続き懇親会。

<校友会>
(IVYグループ代表者・奥本浩平会長、同小委員会・辻裕之代表幹事、同グループ代議員・原進先輩)

▽代議員総会(6月9日・青山学院大)
相川和宏氏(1969年経済学部卒、日本機器鋼業(?代表取締役)が新会長に就任

▽120周年記念式典(11月16日・青学講堂)
小久保裕之氏(侍ジャパン監督)が記念講演、テーマ「一瞬に生きる」

▽IVYグループ代表者会議(5月24日、11月22日・校友センター)

<学生の成績>
▽男子
春季リーグ2部7勝4敗5位(セット率)、秋季リーグ2部8勝3敗4位(セット率)、東北学院定期戦(6月2日・仙台)3−2、東日本インカレ(6月・北海道)、全日本インカレ(12月3〜8日・東京)決勝T2回戦敗退

▽女子
春季リーグ1部8勝1敗で優勝、MVP・伊東千寿留主将④、ベストスコアラー、スパイク・賞今村優香②、ベストセッター賞・比金桃子③、ベストリベロ、新人賞・小島満菜美①、優勝監督賞・生瀬良造。秋季リーグ1部9勝1敗で優勝、MVP・伊東千寿留主将④、ベストスコアラー賞・今村優香②、スパイク賞・松浦圭④、ベストリベロ賞・小島満菜美①、優勝監督賞・生瀬良造。東北学院定期戦(6月2日・仙台)3−0。東日本インカレ(6月20〜23日・東京)決勝戦で東京女子体育大にストレート負けして2位、敢闘賞・スパイク賞・望月玲奈④、ブロック賞・伊東千寿留主将④、レシーブ賞・古市麻衣④。全日本インカレ(12月3~7日・大阪)決勝戦で鹿屋体育大に2−3の末敗れ準優勝、敢闘賞・伊東千寿留、ベストスコアラー賞・今村優香②。皇后杯全日本選手権大会(12月11~15日・東京)1回戦敗退

▽2013年度体育会優秀団体・優秀選手表彰と祝賀会(3月14日・IVYホール)
最優秀団体(4部)=女子バレーボール部、最優秀選手(11名)=今村優香?、小島満菜美②、優秀選手(16名)=伊東千寿留主将①、敢闘選手(41名)=松浦圭④、比金桃子③、古市麻衣④

▽日本代表
今村優香②は2013年度全日本メンバー33名に選ばれ、モントルーバレーマスターズ2013(5月28〜6月2日、スイス・モントルー)で5位。ユニバーシアード大会(7月8〜15日、ロシア・カザン)でも5位。小島満菜美①はジュニア世界選手権(6月21〜30日、チェコ・ブルノ)に出場、決勝戦で中国に敗れたが、ベストリベロ賞を獲得。ユニバーシアード大会日本代表にも選ばれた。

▽リーグ戦
2013年秋 優勝
2014年春 5位

▽東日本インカレ
2013年準優勝
2014年ベスト8

▽全日本インカレ
3013年準優勝 本学2-3鹿屋体育大

▽リーグ戦
26年春 5位

コンテンツ

ページトップ