本学女子、春季に及ばず4位

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

本学女子、春季に及ばず4位

2015.10.27 更新

本学女子は4位に終わる。関東大学バレーボール2015年度秋季リーグ戦は18日、青学記念館で女子1部最終日が行われ、本学は日本女子体育大にストレート勝ちし、通算5勝4敗で春季から一つ下げて4位(セット率)となりました。

優勝は筑波大で、東海大に1-3で敗れましたが、セット率(得28、失3)で圧倒、春秋連覇を達成しました。個人表彰では本学の今村優香主将がベストスコアラー(最多得点)賞に、吉岡可奈?=入院加療中=がスパイク(決定率)賞に、それぞれ輝きました。

[女子]▽1部最終日(10月18日・青学記念館)本学5勝4敗

本学3(25-17、25-22、25-20)0日本女子体育大

スタメン=レフトウイング今村主将④-坪川②、ミドル財前④-及川①、セッター比金②、オポジット泉③、リベロ小島③。

今村主将「1セット目、出だしからサーブで崩し、自分たちのペースで展開することが出来ました。2セット目は何度か苦しい場面もありましたが、全員で我慢して、何とか終盤に自分たちの流れを作ることが出来ました。3セット目は序盤から最後まで攻め続けることが出来ました。今年のリーグ戦は本日の試合を持って最後となりましたが、全日本インカレへ向けて今リーグの反省を活かしながら日々の練習に励みたいと思います」

第2セット中盤、リードを許した以外は、終始優位な展開で快勝しました。一番力点を置いたリーグ戦は終わりましたが、女子部は2つの大会(別記)が残っています。4年生への「ご苦労さま」はもう少し待つことにしましょう。

思えば男子同様、不本意なリーグ戦でした。優勝鵜を目指しながら4位、なぜでしょう?

応援に駆け付けOBとOGが口を開きました。

「元気がないよ。もっと声をだしてコートを走り回っていたんじゃないのかなぁ」久しぶりに女子チームの試合を観戦したOB・田上隆さんの感想です。

「OGの大庭優香さんは「今村はスパイク打つ音が弱くなっている。1、2年生のころの方がパワーを感じた。セッターも安易なアンダーハンドトスが多すぎ、オープントスも不安定ですね。(選手は一生懸命プレーしているつもりでしょうが、その一生懸命さが)応援している者には伝わってこない」と言います。同感です。

ほとばしるものを感じないのは男子も。スクールカラーで片付けられるものではありませんが、いみじくも男女とも程度の差こそあれ、同じような課題を抱えてリーグ戦の全日程を終えました。 リーグ戦優勝(女子)、1部昇格(男子)、気の早い話ですが、来季どちらが先に目標を達成するか、楽しみにしましょう。(この項奥本浩平)

その他の試合、東海大3-1筑波大、嘉悦大3-2日本体育大、順天堂大3-2早稲田大、東京女子体育大3-0松蔭大

▽最終順位①筑波大8-1②東海大8-1③嘉悦大6-3④青山学院大5-4⑤順天堂大5-4⑥日本体育大4-5⑦東京女子体育大4-5⑧日本女子体育大2-7⑨松蔭大2-7⑩早稲田大0-9。(注)1、2位、4、5位、6、7位、8、9位はセット率による。校名横の洋数字は通算勝敗。

以上

<女子部の今後の大会>▽皇后杯関東ブロック大会(10月24日・日野市市民の森ふれあいホール)、関東からは3代表がファイナルラウン
ド(12月18〜20日・東京体育館、12月26、27日・大田区総合体育館)に出場します。

本学はAブロック。日本女子体育大と鉾田一高(茨城)の勝者と対戦し、勝つと柏エンゼルクロス(Vチャレンジ)と代表権を争うことになります。

▽全日本インカレ(11月30日=12月6日・愛知)シード権を決める秋季リーグ戦で4位となったため、組み合わせは?

以上

本学、春季より一つ下げ6位

 

秋季リーグ男子2部終わる

本学男子は春より悪い6 位。関東大学バレーボール2015年度秋季リーグ戦は17日、日大文理学部100周年記念館で男子2部最終日が行われ、本学は亜細亜大を3-2で破り、通算6勝5敗の6 位(セット率)に終わりました。青学記念館の女子1部第8日で、本学は筑波大にストレートで敗れ、通算4勝4敗で日体大、順天堂大と並ぶ最終日に4位を争います。

[男子]▽2部第11日最終日(17日・日大文理学部100周年記念館)本学6勝5敗

本学3(25-21、20-25、25-21、24-26、15-12)2亜細亜大

スタメン=レフトウイング辰③-高岡②、ミドル小泉翔太主将④-松島②、セッター牧瀬④、オポジット木下②、リベロ金澤②。

小早川監督「最終的に6位と言う結果で申し訳ない。昨晩の練習で一から気合を入れ直し、良くはなったものの、普段の練習をしっかりしていないから要所を抑えられず、ストレートで勝てる試合でもこのような結果になる。学生諸君はしっかり反省して、自分たちに厳しく練習に取り組んでもらいたい。4年生にはお疲れさまと言いたいが、来年へ向けての布石を最後のインカレで遺してほしい。また、3年生も来年へ向けて、しっかりリーダーシップを発揮してもらいたい」

小泉主将「4年生最後のリーグ戦をなんとか勝利出来てほっとしていますが、順位が6位となってしまったことが悔やまれます。全日本インカレへ向け、来年へつながるよう頑張ります」

「終わりよければ全てよし」とはいきませんが、最終戦に辛勝し、誰もがホッとしたことは確かです。

インカレ(11月30日〜12月6日・東京)残っていますが、4年生には一先ず「お疲れ様でした」と労いたいと思います。

1部との入れ替え戦を目指しながら、終わってみれば、春より悪い6位。このところ2部の中ほどでうろうろ。目指すところまで手も届きません。

このカベを打ち破ることは、容易ではありません。レシーブ、ブロック、サーブ…。とにかく課題ばかりです。

心技体、すべてに1からスタートですが、メンタル面の強化。とりわけ集中力を養うことが急務でしょう。練習は量より質です。一人一人が自らの課題を掲げ、進歩を遂げてほしいのです。

明日から来年4月まで、鍛え直す時間はたっぷりあります。3年生、2年生、1年生、新たな気持ちで頑張れ!(この項奥本浩平)

その他の試合、中央学院大3-1大東文化大、日本大3-0慶応大、国際武道大3-1桜美林大、山梨大3-2宇都宮大、立正大3-2平成国際大

▽最終順位①中央学院大11-0②日本大10-1③大東文化大8-3④慶応大8-3⑤国際武道大6-5⑥青山学院大6-5⑦山梨大5-6⑧宇都宮大4-7⑨亜細亜大4-7⑩桜美林大2-9⑪立正大2-9⑫平成国際大0-11。(注)5、6位、8、9位、10、11位はセット率による。校名横の洋数字は通算勝敗。 中央学院大、日本大は1部との、立正大、平成国際大は3部との、それぞれ入れ替え戦(10月31日・未定)に出場。

筑波に完敗、4位以下が決定

[女子]▽1部第8日(17日・青学記念館)本学4勝4敗

本学0(27-29、14-25、21-25)3筑波大(8-0)

スタメン=レフトウイング今村主将④-坪川②、ミドル財前④-及川①、セッター比金②、オポジット泉③、リベロ小島③。

今村主将「1セット目、相手にリードされても、粘り強く戦えましたが、最後の1点を取り切れず、相手にセットを許してしまいました。2セット目は1セット目の粘りを繋げることが出来ず、自分たちのミスもあって、序盤から完全に相手のペースに呑まれてしまいました。

3セット目は立ち直って自分たちの粘りのバレーをすることが出来ましたが、やはり終盤になると相手にリードを許す結果になりました。明日は今リーグの最終戦です。終盤の1点1点が大事なので、最後まで集中力を切らさず、全員で勝ちに行きたいと思います」

第1セット序盤、攻める気持ちが弱く、見え見えのフェイントが目立ち、11-19と一気に引き離されます。泉、財前が要所で決めて17-20と手が届きそうになります。が、18-21から今村のサーブミス、サーブカットの乱れと18-23と突き放されます。高さを生かして攻撃力と堅い守りで全勝の筑波が相手だけに、「このまま押し切られるだろう」と思いました。ところが、です。財前に代わってピンチサーブの田中④が好守を見せ、相手ミスもあって5連続点で23-23。坪川、今村が追い詰めジュースに持ち込みました。一度もセットポイントを掴めないまま4度目のジュース、27-27。相手エースをブロックできず、善戦もここまででした。この試合、このセットが全てでしたが、攻守(ブロックを含め)とも筑波が勝っていました。(この項奥本浩平)

その他の試合、東海大(7-1)3-1日本女子体育大(2-6)、東京女子体育大(3-5)3-2嘉悦大(6-2)、松蔭大(2-6)3-0順天堂大(4-4)、日本体育大(4-4)3-0早稲田大(0-8)(注)校名横のカッコ内は通算成績。

以上

女子部の吉岡可奈さん緊急入院

女子のミドルプレーヤー、吉岡可奈さん(文学部比較芸術学科2年、下北沢成徳高出)が本日17日の筑波大戦を欠場しました。吉岡さんは先週11日の東海大戦の試合途中、腹痛を訴え、急きょ病院へ。検査の結果、急性肝炎に加え脾臓肥大と診断され、更に破裂の恐れがあることから緊急入院となりました。退院まで最短でも1週間といわれ、入院中です。吉岡さんは、春季リーグ戦ではブロック賞に輝き、今秋季リーグ戦でもスパイク、ブロック、サーブでベスト10の上位にあって、チームにとっては今村主将に並ぶ存在です。

この日の筑波大戦は及川真夢(国際政経学部1年、東九州龍谷高出)が先発出場しました。

以上

コンテンツ

ページトップ