本学初、体育会指導者に委嘱状授与

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

本学初、体育会指導者に委嘱状授与

2019.04.18 更新

小早川、秋山両監督が出席

体育会OBOG連合の希望が叶いました。2019年度青山学院大学体育会指導者委嘱式が4月18日午後6時半から青山キャンパス総研ビル12階大会議室で行われ、各部の監督、OB、OG、大学関係者ら約100名が参出席、43部、157名に監督・コーチに三木義一学長から委嘱状が授与されました。バレーボール部からは男子部・小早川啓監督、女子部・秋山美幸監督、OB・OG緑楯会の代表として生瀬良造総監督が出席しました。

三木学長就任以来、体育会活動への大学の理解を示す具体策が着実に実行されています。本学のスポーツ活動を広く伝えるホームページ「青山スポーツ」を立ち上げ(2014年)、体育会をバックアップするスポーツ支援課を学生部内に設立(2016年10月)、入学式後、2、3日には新入生対象のスポーツ観戦イベント「The IVY Green Match」を開催、日本版NCAA(全米体育協会)と言われる大学スポーツ協会(ユニバス)にも加盟、そして今回の体育会指導者への委嘱状授与です。

委嘱状交付に先立ち、三木学長は「学長に就任してからOBOG連合からの委嘱式開催を強く懇願されていました。今年12月に退任する前に実現でき非常にうれしく思います。ここにおられるほとんどの方々が自身の仕事がある中、ボランティアで指導してくださっていることと思います。日頃より学生の指導、心より感謝申し上げます。今回の目的としましては学生スポーツが良い指導者の下、安心安全に競技に集中できる環境作り、人として成長すること、そしてスポーツを通じて学校を活発にしていただきたい。導者も皆さん、よろしくお願いします」とあいさつ。委嘱式では各部の代表が学長から委嘱状を受け取りました。

戸惑いを隠せなかったのは小早川監督です。日本体育大OBとは言え、本学との付き合いは15年にも及びますが、この種の集まりは初体験。「連合会(体育会OBOG連合会)の頑張りがよくわかりました。運動部の活動を支えてくれているんですね」と控えめな感想。秋山監督は「各部の指導者が一堂に会することは今までになかったことで、非常に緊張感のある中に一体感のようなものを感じることが出来ました。また、これだけ多くの部がある中で強化指定部として女子バレーボール部いることにあらためて感謝するとともに、気持ちが引き締まりました。強化指定部に値する、青山スポーツをリードしていける部になっていきたいと感じました」前向きでした。

 

長い間に思い叶った体育会OBOG連合会

 長年の要望を叶えて笑顔の一般社団法人青山学院大学体育会OBOG連合会(連合会)の松永正行代表理事(ラグビー部OB会長)。「ずっと学長先生にお願いしていたこの式がやっとの思いで開かれ感動している。『体育会現役学生の支援』を理念に体育会学生の就職支援、指導者対象のコーチズセッション、青山スポーツ新聞の支援に全力で取り組む。また学校(スポーツ支援課)と一緒になって支えていく」と力強い。設立50周年を迎え、今年2月には任意団体から一般社団法人となって主体性の確立した連合会のこれからに期待しています。

スポーツ支援課から指導者へのお願い

 大学学生部スポーツ支援課からは、指導者としての心得を改めて要請。「スポーツには、多く人に勇気と感動を与える光の部分と日大タックル問題(アメリカンフットボール部)やパワハラ問題など影の部分の両方が存在するのが現状。ここにおられる指導者の皆さんには、プレーヤー自身が主体的、積極的に取り組める環境つくり、安心安全に競技に打ち込める環境を作ること、そして社会に貢献できる人材の育成をお願いしたい」と呼びかけました。

1時間足らずで“儀式”は終わり、7時半ごろから11階ホワイエ・12階ロビーで懇親会が開かれ、約1時間和やかに意見交換して散会しました。(以上は秋山監督の報告から)

指導者は委嘱状に次を待っている

 体育会の監督やコーチに大学から委嘱状が出ることは、確かに本学では画期的なことです。

「AOYAMA SPORTS VISION」にある理念も申し分ありません。今回、監督、コーチの皆さんも心新たにして、好成績を目指して一段と力の入ることでしょう。しかし、「特定の仕事や研究を部外の人に頼み任せること」(委嘱とは=大辞林による)から、これから先、つまり成果、仕事ぶりを大学側は具体的に、どのように評価するのでしょうか。特別強化枠を例にとっても、成績は関係なしに固定化されています。大学にお願いしたい。大学の職員として“報酬”を受けながら指導している人はともかく、ほとんどは別の仕事を持ちながらボランティアです。この人たちに、どう向き合うのか。委嘱状の次のステップを期待しています。(この項、奥本浩平)

[バレーボール部の委嘱状授与者]

▽男子部 小早川啓監督

▽女子部 生瀬良造総監督、秋山美幸監督、片岡悠妃コーチ、行成沙織トレーナー、横山沙織トレーナー

以上5名

 

コンテンツ

ページトップ