OG今村さん加入の日本代表は準優勝

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

OG今村さん加入の日本代表は準優勝

2019.05.19 更新

2019モントルーバレーマスターズ

 
モントルーバレーマスターズはスイスのモントルーで5月18日、決勝戦が行われ、本学OGの今村優香さん(‪平成28年卒、久光製薬)も参戦した日本代表はポーランドと対戦。1-3(15-25、25-22、17-25、24-26)で敗れ、準優勝で大会を終えた。なお、個人賞として、ベストアウトサイドヒッター賞に鍋谷友理枝、ベストリベロ賞に小幡真子、ベストセッター賞に関菜々巳が選ばれた。

決勝戦の日本代表のスターティングメンバーは、新鍋理沙(久光製薬)、芥川愛加(JT)、鍋谷友理枝(デンソー)、今村優香、渡邊 彩(トヨタ車体)、関 菜々巳(東レ)、小幡真子(JT)。

第1セットの立ち上がりはサイドアウトの応酬となる。その後、相手サーブで崩されて、6-9とリードを許した。フェイントで10-16と点差を広げられ、流れを取り戻せないままこのセットを失う。

第2セットは今村に代わり、長内美和子(日立)が入ってスタート。前半の競り合いから13-11と抜け出したが、ポーランドのサーブで攻められ、14-14とお互い譲らない。終盤、相手ブロックに捕まり、19-20とされたが逆転し、長内のサービスエースで24-22。続いて鍋谷がスパイクを決めてセットを取り返した。

第3セットはポーランドのブロックに攻撃を阻まれて5-11とされ、追いかける展開に。粘りのディフェンスから得点し、9-12と迫ったが、再びブロックに苦しんで10-17とリードを広げられ、そのまま押し切られてセットを落とした。

第4セット、競り合いからポーランドの連続ブロックで7-9となり、鍋谷と交代で石井優希(久光製薬)がコートへ。粘りを発揮して15-13と逆転に成功するが、サービスエースを奪われ、16-16と追いつかれる。その後は1点を争う展開となったが、最後は日本のミスで24-26。セットカウント1-3で敗れた。(バレーボール・マガジン提供)

 

OG今村優香さん久光製薬の新エースへ名乗り

 
2019年秋スタートのバレーボール新Vリーグ(V.LEAGUE)で初代女王を目指す久光製薬スプリングス。岩坂名奈主将をはじめ新鍋理沙、石井優希ら日本代表の主力に並び、思い切りのいいハイセット(二段トス)やシャープなコース打ちなどで、持ち前の「勝負強さ」を発揮し、チームの勝利に貢献しているのが25歳の今村優香選手だ。インタビュー後半では日本代表への思いや人としてどうありたいか、2019年の抱負を語ってもらいました。

日本代表で世界にもトライしたい

──昨シーズンは日本代表に選ばれました。日本代表への思いは?

 
今村:日本代表でも活躍する選手になっていきたいです。昨年は登録されましたが、結局どの大会にも出ず練習だけでチームに帰ってきたので、自分自身、世界相手にどれだけ通用するかわからないですし、練習の取り組み方も大事。スタッフに使ってみたいなって思ってもらえるような練習の取り組みや雰囲気が大事なんだと思うので、次もし可能性があったら、どんどん世界にトライしたいという思いはあります。

 
──やっぱり負けたくない、ポジション取りたい、オリンピックに出たいという思いはありますか?

 
今村:ありますね。あります。

 
──そのための自分の武器は? 監督に使いたいと思わせる部分は?

 
今村:攻撃面では、いい意味で安定していないというか、“あ、こうするんだ”みたいな予想ができないプレーで、常に攻める気持ちでやっていきたいです。

──今村選手はブロックアウトも上手ですし攻撃の引き出しが多いし、ハイセット(二段)も思い切って打ち切れる。そんなところも魅力だなって見ていますが。

 
今村:昨年の夏に久光製薬スプリングスでイタリア遠征に行って、イタリアの高いブロックを相手に試合をやってすごく楽しくて、『ああこれは決まらない』『ああこの角度で打ってもいい(ブロック)タッチ取られるんだ』って思って、『楽しい!』って。じゃ何しようって感じで。もっといろんな世界の選手と対戦してみたいなって思いました。

 
──今村選手にはバックアタックももっともっと打ってほしいなと思います。

 
今村:それはほんとに大事だと思いますね、バックアタックは。私が今後バレーボール界で生きていく上でもバックアタックという引き出しは絶対持っていたほうがいいと思うので、リーグ中もトライしていきたいと思います。

 
──人としては、どういう人になりたいですか?

 
今村:強い人になりたい。芯が通っているような。今シーズンのテーマは「勝負強い女」です。

 
──女性としては?

 
今村:魅力のある女性になりたいです。恋愛もしたいと思います(笑)

 
──では最後に新しい2019年の抱負とファンの皆さんへメッセージをお願いします。

 
今村:久光製薬スプリングスはまだまだよくなるチームですし、試合を重ねるごとにチームワークやいろんなバリエーションの違った久光製薬スプリングスが見せられると思います。その中で、自分の役割をしっかり果たしていけるように1試合1試合頑張りたいです。皆さんいつも応援ありがとうございます。これからももっともっと頑張りますので、ぜひ会場に観に来てください。

 
【プロフィール】

今村優香(いまむら ゆうか)

1993年9月2日生まれ。東京都荒川区出身。駿台学園高、青山学院大を経て、2016年、久光製薬スプリングスに入団。ポジションはアウトサイドヒッター。175cm/69kg。(バレーボール・マガジン提供)

OG今村優香さん、2年連続中田ジャパン

本学バレーボール部OGで久光製薬スプリングスのエース、今村優香さん(2016年卒)がこのほど2019年度日本代表登録メンバー(28名)に選ばれました。今村さんは、在学中2年時から3年続けて真鍋ジャパンに選ばれていますが、中田ジャパンでは昨年に次いで2年連続となります。

今年度の中田ジャパンは、5月のモントルーバレーマスターズ(スイス)に始まり、FIVBネーションズリーグ2019など国際ゲームを消化しながら10月、日本開催のワールドカップを目標に戦います。ベンチ入りメンバー(14名)は、この28名の中から適宜選ばれますが、今村さんの活躍が期待されます。

ネットメディア「バレーボール・マガジン」によると4月24日、北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われた、始動記者会見で今村さんは「このチャンスをしっかりつかめるよう頑張っていきたいと思います」と言葉少なに決意を語った、とありました。

コンテンツ

ページトップ