OB鍋屋・OG藤森さん長女、五輪代表

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

OB鍋屋・OG藤森さん長女、五輪代表

2016.07.13 更新

リオだ! がんばれ! 鍋谷友理枝!

 
本学バレーボール部OBとOGの長女がリオ五輪女子バレーボール日本代表に選ばれました。鍋谷友理枝さん(22)=176㎝、55㌔、ウイング、Vチャレンジリーグのデンソー・エアリービーズ所属=です。お父さんは鍋谷昌道氏(H2年、法学部卒、法政二高出)、お母さんは美奈さん(旧姓藤森、H3年、文学部卒、八王子実践高出)。二人とも春高バレー準優勝の実績を引っ提げて本学へ。昌道氏はエーススパイカーとして4年間貢献、卒業後はNTT東北(地域リーグ)でプレーを続けました。セッターの美奈さんは2年生のとき全日本インカレで初の大学日本一に、4年生の春にはキャプテンとして関東1部リーグ戦初優勝に貢献しました。

リオ五輪壮行会で親子3人そろって記念写真(7月20日、東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪飛天の間で)

 
その両親が夢にも見なかったオリンピックへ娘は行くのです。「『全日本? オリンピック?』というのが正直な感想です。娘は、『フォア・ザ・チーム』の気持ちを常に持っています。『今このチームに必要なことは…』『今この試合展開で、チームに必要なプレーは…』を考えています。このスピリットは、親としても娘をリスペクトしているとこでもあります。オリンピックという最高の舞台で、最高の『フォア・ザ・チーム』の精神を全うしてくれればと思います」と父。母は「友理枝らしく、明るく元気にチームを盛り上げ、勝利に貢献できるよう頑張ってほしいと思います」、二人は愛情いっぱいのエールを送っています。

友理枝さんは両親の影響もあって小学校3年からバレーボールに親しみ、中学校(私立淑徳SC中等部)から高校バレーボールの強豪、東九州龍谷高等学校(大分県)へ進みます。高3の正月、第64回全日本高等学校選手権大会(俗称春高バレー)でキャプテンとして優勝に貢献、最優秀選手賞に輝きました。その後、Vプレミアリーグ(当時)のデンソーに入団。巧みなスパイク、有効な変化球サーブで活躍しましたが、全日本からはなかなか声が掛かりませんでした。

 
ロンドン五輪銅メダルの軸、セッター竹下、リベロ佐野が引退、ミドルの荒木が出産で抜けた全日本は、リオデジャネイロへ向けてチーム編成に苦慮していました。身長の最も低い日本が世界と互角以上に戦うには、ミスを最小限にすることが第一です。サーブレシーブ、ディグで絶対負けない、そのうえサーブで相手を崩す−これが勝利の絶対条件です。そのことを頭に置く真鍋政義監督は、鍋谷の明るくひたむきなプレーに注目したのです。2015年ワールドカップを戦う全日本に選び、リオ五輪へ連れていくかどうか、確かめていたのでしょう。

 
12名が決まった6月27日、真鍋監督は記者会見で「鍋谷は、なかなかスタートから行くことはないが、ピンチサーバーとして必ず点数を取って、ディグをして(ベンチへ)帰ってくる。ムード的にも明るく、本当に一生懸命プレーする日頃の姿勢がいい」と褒めました。友理枝さんは「オリンピックの舞台に立てるという責任と誇りを持って、日本の代表として金メダルを獲るためにチームに貢献できるように精いっぱい頑張りたいと思います」(この項、JVAホームページより抜粋)堂々と金メダルを口にしました。リオ五輪は8月5日開幕、バレーボール日本女子の初戦は8月6日(日本時間午後9時半)の韓国戦です。

 
五輪最終予選、対韓国戦でのガッツポーズ

◇リオ五輪バレーボール女子参加国と競技方法

12か国が2組に分かれ、予選リーグを行い、各組上位4チームが決勝トーナメントに進出する。

▽A組=日本、韓国(6日)、カメルーン(8日)、ブラジル(10日)、ロシア(12日)、アルゼンチン(14日)㊟カッコ内は対戦日。

▽B組=米国、中国、セルビア、イタリア、オランダ、プエルトリコ

コンテンツ

ページトップ