OB青木さんトヨタ入団

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

OB青木さんトヨタ入団

2016.09.05 更新

OB青木晋平さんトヨタ自動車へ入団

ビーチバレーボール界へ新風吹かす

 
本学バレーボール部OBでビーチバレーボーラーの青木晋平さん(H15年経済学部卒、フリー)は9月1日付で、トヨタ自動車ビーチバレーボール部へ入団しました。青木さんは日本代表として2014年ワールドカップ(ブラジル)に出場した後、第一線を退き、2016年日本代表男子チームのコーチでもありますが、トヨタでもコーチとして後進の育成、指導に当たります。

 
トヨタ自動車が「地域と密着したスポーツ振興の一環」としてビーチバレーボール部を設立したのは昨2015年7月。ジェネラルマネジャーに川合俊一氏(バレーボール元五輪代表)を招き、監督には山本知寿氏(2012年ロンドン五輪ビーチバレーボール男子監督)を迎え、スカウト活動をはじめ、積極的に強化を進めています。2020年東京オリンピックに代表を送り出すことが当面の目標、と思われます。

 
日本経済新聞(2015年7月22日付)は、トヨタがビーチバレーボール部を新設した経緯について「若い世代に人気があり、チームワークを体現できる団体種目と位置付けて、若年層への情報発信の強化や応援を通じた職場の活性化につなげる」としています。トヨタには陸上競技部、硬式野球部、ラグビー部などがあり、ビーチバレーボール部を含めると36の運動部を抱えています。

以上

 

コンテンツ

ページトップ