OG土田望未さん初、今村主将は3年連続

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

OG土田望未さん初、今村主将は3年連続

2015.04.06 更新

2015年度全日本女子メンバー

 
本学女子バレーボール部の現役とOGが2015年度の全日本女子に入りました。今年度全日本の登録メンバー(男子30名、女子26名)が4月6日発表され、女子では本学のエース、今村優香主将④(文・比較芸術)が3年連続で、OGで上尾メディックス(プレミアリーグ3位)のセッター、土田望未さん(H21年、文・史学科卒)が初めて選出されました。また、OBの鍋谷昌道氏(H2年、法学部卒)の長女、鍋谷友理枝さん(21、デンソー・エアリービーズ=プレミアリーグ7位)も選ばれました。

真鍋政義監督は「今年の最大の目標はW杯(8月・日本開催)で2016年リオオリンピックの出場権獲得。再び世界一へ挑戦する。この目標を達成するべく、日の丸の誇りを胸に、共に戦うことのできるメンバーを選出した」とコメントしています。26名の中からW杯までに予定されている大会ごとにメンバーを選んで戦い、その評価を持って、真鍋監督が今年度の最終目標W杯のメンバーを絞りこみます。

◇全日本女子の今後の主な日程◇

▽モントルーバレーマスターズ2015(5月26日〜31日、スイス・モントルー)

▽FIVBワールドグランプリ2015

予選ラウンド(7月3日〜18日・バンコク、香港など)

同ラウンド第2週の7月10日〜12日は、さいたま市総合体育館で日本、中国、ドミニカ共和国、イタリアが対戦。

決勝ラウンド(7月22日〜26日、米国・オハマ)

開催国・アメリカと寄席ラウンドを勝ち抜いた5か国が出場。

▽ワールドカップ2015(4年に1回)

8月22日〜9月6日

開催国・日本のほか、アメリカ(2014年世界選手権V)、中国、韓国(ともにアジア代表)、

ロシア、セルビア(ともに欧州代表)、アフリカ、南米、北中米から各2か国の計12か国で戦う。上位2チームにリオ五輪切符が与えられる。

コンテンツ

ページトップ