OG野嶋さんチームを救うデビュー戦

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

OG野嶋さんチームを救うデビュー戦

2020.11.01 更新

NECレッドロケッツ、姫路に3-1

本学OGでNECレッドロケッツのルーキー、野嶋華澄さん(2019年度卒)がVリーグデビュー。11月1日、姫路市のヴィクトリーナ・ウインク体育館で行われたVプレミア2020/21リーグのヴィクトリーナ姫路戦の第3セット、23-22でリリーフサーバーとして初登場し、好守を見せてセット奪取に貢献しました。巡ってきたチャンスに野嶋さんは「むちゃくちゃ緊張しました」と笑顔でしたが、「チームが押されている状況で、一発流れを変えてやろうという気持ちで入りました。 相手はホームで歓声が多く、イケイケの勢いでしたが、それに負けないように自分の勢いを出そうと思っていました」と闘志満々。サーブの直後には 「必死に這いつくばってでも上げる」という気合十分の好レシーブも見せ、チームに貴重な1点をもたらしました。

一発で流れを変えた野嶋さん はガッツポーズ

終盤まで競り合う展開は、第4セットも同じでした。マッチポイントでは野嶋さんが再びリリーフサーバーとして起用され、またしても決死のレシーブが相手のミスを誘発。28-26でこのセットをもぎ取ったレッドロケッツが3-1で勝利をつかみました。

この試合、もう一人の本学OGでリベロの小島満菜美さん(2016年度卒)も堅実な守りでチームをリードしました。

 
NECレッドロケッツ3(29-27、25-27、25-22、28-26)1ヴィクトリーナ姫路

金子隆行監督「野嶋の活躍が非常に大きかった。彼女は日頃からチームを支えるムードメーカーでもあり、そういう選手が仕事をしてくれて今日もチームに明るいムードを作ってくれた。たった1回のピンチサーバーかもしれませんが、その仕事をしっかりやってくれた彼女には感謝しています」

=NECレッドロケッツ広報・小野哲史氏の記事から抜粋=

コンテンツ

ページトップ