2022年度春季関東大学リーグ戦1部

元気出せ!青学 男女とも敗れる

本学、男女とも敗れる。2022年度春季関東大学リーグ戦1部は15日、男子は東海大湘南校舎体育館アドで、女子は日本体育大世田谷キャンパス体育館でそれぞれ6試合を行いました。本学の男子は明治大と対戦、0-2からの第3セットを奪い、フルセットに持ち込む勢いで戦いましたが、あと一歩及びませんでした。女子は2-1とリードしながら第4セットを奪われ、逆転で3敗目を喫しました。

ここ一番のあと一本を皆で取ろう

[男子1部]第9日(5月15日・東海大湘南校舎体育館)

本学(6敗)1(18-25、20-25、25-21、23-25)3明治大(3勝4敗)

<第1セット 18-25

スタメン=OH今野③-森口①、MB青山②-高宮①、OP山田④、S今橋④、L中峯②。

16-18 でリリーフサーバー高宮黒須③。

セット開始からスパイクの打ち損ないやブロックによって連続得点を許し、明治リードのまま試合が展開されました。それでも、青木のサーブによって巻き返すも相手のブロックは堅く、終盤にはサービスエースを2本許すなどして先制されました。

第2セット 20-25

スタメン=OH今野③-森口①、MB青山②-高宮①、OP山田④、S今橋④、L中峯②。

15-17 でリリーフサーバー高宮山本主将④、19-23 でリリーフサーバー青山→黒須

1セット目と比べサーブカットの精度は上がり、サーブも効果的に決まりましたが、変わらず相手のブロックは固く、シャットされることしばしば。サーブで相手の守備を崩しても、本学が決め切ることができなかったり、ブロックを構えるのが遅かったりして、またも相手に連続得点を許して2セット目を終えました。

第3セット 25-21

スタメン=OH今野③-森口①、MB青山②-高宮①、OP山田④、S今橋④、L中峯②。

15-15 でリリーフサーバー高宮山本主将④、20-18 でリリーフサーバー青山黒須③。

序盤、相手のミスから2連続でブロック得点を決め流れに乗った本学。はクイックやバックアタックを効果的に用いてリードします。途中、明治に追いつかれる場面も見られましたが、山田の連続スパイク得点によりセットを奪取しました。

第4セット 23-25

スタメン=OH今野③-森口①、MB青山②-高宮①、OP山田④、S今橋④、L中峯②。

17-14 でリリーフサーバー青山黒須③20-19 でリリーフサーバー青山山本主将④

ブロックによるポイントが多く、サーブも安定して決まっていたものの突き放せず、シーソーゲームが続きます。その流れを断ち切ったのは本学でしたが、このリズムもつかの間、相手の鋭いサーブでエースを取られると流れは一転。その後、粘ったもののフルセットへは持ち込めませんでした。

全ては序盤で自らの流れを掴むこと

段々とチームが出来上がってきた中での今回の一戦。ブロックポイントを量産し、サーブも効果的に決まったものの、相手のブロックは固く、よく拾う守備を崩し切ることができませんでした。序盤に流れを持っていかれると崩すのは難しいので、今後は序盤に本学の流れを作り、追い上げられる展開にならないよう、チーム内の声掛けはもちろん、コンビなどを確実に合わせていきたいものです。(宮川優菜主務)

その他の試合、

[男子1部]第9日(5月15日)

早稲田大(5勝1敗)3-0駒沢大(2勝4敗)、順天堂大(2勝1敗)3-1日本体育大(4勝2敗)=東海大湘南校舎体育館=、東海大(6勝1敗)3-0慶應義塾大(2勝4敗)、筑波大(5勝2敗)3-1中央大(3勝2敗)、東京学芸大(1勝5敗)3-2専修大(2勝5敗)

(注)校名横のカッコ内は今リーグ戦通算勝敗。

 
 

相手の勢いに押されて悔しい逆転負け 

本日の試合は、フルセットでの激戦となりましたが、最後は相手の勢いに押され、負けてしまいました。相手は誰が打ってくるか分からないという戦況に対して、私たちは攻撃を絞らされてしまい、簡単に決まらないという展開が多くありました。来週からの試合では、全員が一つ一つのプレーに集中してチーム力を高め、粘り強い守備と攻撃を発揮して勝利できるように頑張りたいと思います。(村松美月主務)

[女子1部]第13日(5月15日・日本体育大世田谷キャンパス体育館)

本学(3勝3敗)2(12-25、 25-18、25-18、18-25、11-15)3日本体育大(6勝2敗)

<第1セット 12-25

スタメン=OH 住田主将④-エドックポロ②、MB村松④-谷島②、OP高橋②、S鉾久②、L井上④。8-16で守備固め谷島→依田④、11-24で戻す。9-18で2枚替え高橋→新改①、鉾久→佐村①。

出だしから相手がサーブを攻めてくるのに対して、自分達が崩れて単調になった攻撃をブロックで止められてしまい終始相手のペースでした。5連続失点を2回も許し、自分達のやりたいバレーが出来ないままセットを落としてしまいました。

<第2セット 25-18

スタメン=OH 住田主将④-エドックポロ②、MB村松④-谷島②、OP高橋②、S新改①、L井上④。19-14で守備固め谷島→依田④、24-18で戻す。24-18で守備固め村松→山田③。

1セット目の流れを断ち切るためにも勢いを出して入りました。序盤は拮抗した試合となりましたが、中盤で住田のサーブが走り、相手の守備を崩すなどして7連続得点のブレイクに成功しました。その流れのまま、終盤も髙橋がスパイクを決めるなどしてセットを取りきることができました。

<第3セット 25-18

スタメン=OH 住田主将④-エドックポロ②、MB村松④-谷島②、OP高橋②、S新改①、L井上④。9-5で守備固めエドックポロ→依田④、14-8で戻す。21-14で守備固め村松→山田③。

5-2と序盤から自分たちのペースで試合運びをすることが出来ました。センターを絡めたトス回しから、それぞれが決めるなどして15-10。さらに谷島のブロックポイントから勢いをつけ4連続得点を奪うと、終盤にもエドックポロと髙橋のパワフルなスパイクが躍動してセットを連取しました。

<第4セット 18-25

スタメン=OH 住田主将④-エドックポロ②、MB村松④-谷島②、OP高橋②、S新改①、L井上④。8-8で守備固め村松→依田④、11-13で戻す。17-23で守備固め谷島→山田③。

相手のブロックに出だしの流れを阻まれました。住田らのスパイクは単発で、逆に相手の長いコースの強打を拾えず中盤から点差が離れていきました。相手のブロックアウトにも対応しきれずに連続点を許し、中盤からの5点差を縮めることができず、フルセットに持ち込まれました。

<第5セット 11-15

スタメン=OH 住田主将④-エドックポロ②、MB村松④-谷島②、OP高橋②、S新改①、L井上④。5-7で守備固めエドックポロ→山田③、10-11で戻す。

髙橋のパワー溢れるスパイクは決まりますが、取り急いでミスを連発して4-7と点差が開きます。それでも主将の住田のスパイクから3連続得点するなど踏ん張りますが、終盤で繋ぎのミスに加えて相手のブロックアウトに対応しきれず、敗れました。(村松美月主務の報告から)

その他の試合、

[女子1部]第13日(5月15日・日本体育大世田谷キャンパス体育館)

東海大(9勝)3-0筑波大(9勝1敗)、東京女子体育大(9勝1敗)3-0順天堂大(2勝6敗)、日本女子体育大(6勝5敗)3-1日本大(3勝8敗)、嘉悦大(6勝4敗)3-1国士館大(5勝5敗)、松蔭大(4勝7敗)3-2大東文化大(10敗)

(注)校名横のカッコ内は今リーグ戦通算勝敗。

以上

2022年度春季リーグ戦1部女子

本学女子、新布陣機能して3勝目

これまでMBのエドックポロがOH、後釜MBに谷島、セッターには鉾久-。スターティングメンバーから奮闘していた1年生が消え2年生に代わりました。2022年度春季リーグ戦1部は14日、日本体育大世田谷キャンパス体育館で女子の6試合を行い、新布陣の本学女子は国士館大を3-1で下して通算3勝2敗としました。部員の新型コロナ感染で4月30日から5月8日まで6試合を中止・延期したため、公式戦は4月24日以来3週間ぶりの本学でしたが、初先発の鉾久、谷島らが確かなプレーを見せて、勝利に結びつけました。男子は船橋市運動公園体育館で6試合を行う予定でしたが、前夜来の雨、風の影響で体育館の使用が不可能となって急きょ全試合、中止・延期となりました。

新型コロナ感染に負けてたまるか!

本日の試合は、自分たちのサーブから主導権を握り、ブロックと粘りの守備からの攻撃で勝利することができました。部員の新型コロナ感染もあって10日間のブランクがありましたが練習再開後、チーム一丸で練習。対戦相手の対策を行ってきた成果が出たと思います。ただ、自分たちのミスから、流れを相手に渡してしまう場面もありました。明日の試合では自分達の流れを作って、よい試合ができるように頑張りたいと思います。(村松美月主務)