春季リーグ戦終わる

  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会
  • 青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会青山学院大学体育会バレーボール部OB・OG緑楯会

春季リーグ戦終わる

2024.05.19 更新

                                     本学は女子4位、男子7位

          男女とも課題抱えて終戦

 女子は闘の4位、男子は悔しい7位に終わりました。2024年度春季リーグ戦最終週は5月1819の両日、男子2部は大東文化大東松山キャンパス体育館で、女子1部は東海大湘南キャンパス体育館で行われ、本学の女子は東海大を3-1で下し通算8勝3敗で4位、男子は国士館大と2-3で敗れてトータル4勝7敗で7位に終わりました。女子は粘りのある守りをベースに頑張りましたが、得点力アップが課題。開幕時は選手9名(閉幕時12名)に加え急増セッターで奮戦した男子は課題も多く、これからのチーム作りに注目しています。なお、男子は大東文化大戦から13番のユニフォームを着た今井俊介①(経済学部)がベンチ入りバレーボールは未経験ですが、マネージメント分野での活動が期待されています。

<最終順位>

▽女子1部                  ▽男子2部

 筑波大      11勝          駒沢大      10勝1敗

② 日本大      9勝2敗        ② 国士館大     10勝1敗                    

 日本体育大    9勝2敗        ③ 亜細亜大      9勝2敗

 青山学院大    8勝3敗        ④     山梨学院大     8勝3敗

 東京女子体育大  6勝5敗        ⑤    大東文化大     7勝4敗

 順天堂大     5勝6敗        ⑥     中央学院大     7勝4敗

 国士館大     5勝6敗        ⑦     青山学院大     4勝7敗

 東海大      3勝8敗          立教大       4勝7敗

 桜美林大     3勝8敗        ⑨  立正大       2勝9敗

 日本女子体育大  3勝8敗        ⑩ 明治学院大     2勝9敗

 嘉悦大      2勝9敗        ⑪ 国際武道大     2勝9敗

 松蔭大      2勝9敗        ⑫     平成国際大     1勝10敗

(注)同勝敗はセット率によって順位を決める。なお、1部の11,12位は2部の212部の11,12位は3部の21位と入れ替え戦を行い、男子で駒沢大、国士館大は1部昇格、代わって慶応義塾大、東京学芸大が2部転落。女子は明海大が1部昇格、松蔭大が2部転落。嘉悦大は1部残留。

<春季リーグ戦の男子総括>

  守備が安定すれば秋は上位視野

今年の春季リーグ戦は、昨年まで頼れる3名が卒業したうえ、スポーツ推薦の入学者ゼロの状態でスタートしました。新チームに正ポジションのセッターがおらず、去年までリベロの中峯を急きょセッターにすることになりました。攻撃陣は昨年から活躍したメンバーが残っており、センター渡邉、オポジットの高宮を中心に得点を取れるような構成を考えました。チームとしては上位に入る力はあると考えていましたが、結果は7位に甘んじました。原因はセッターをはじめトスをレフトサイドへ集めたことが一番の要因だと考えております。ただ、途中合流した1年生リベロの嶋末、サイドの森口、中村が守備の面で安定すれば、当初思い描いた攻撃力を発揮できると考えておりますので、秋季リーグ戦は1部との入れ替え戦を視野に入れるようなバレーボールが出来ると信じております。これから3か月は生徒たちとの対話を大事に過ごしていきたいと考えております。(田島光也監督)

     序盤、流れを掴てお

簡単に負けてしまった印象だった。もう少し序盤に流れを掴めていたら、こんなに大差をつけられることはなかったと思う」(渡邉千夏主務)

     実力差仕方ない闘争心だけでも

[男子2部]▽第10日(5月18日・大東文化大東松山キャンパス体育館)

本学(4-6)0(17-2525-27、2225)3大東文化大(7-3)

<第1セット 17-25

スタメン=OH中村②-森口③、MB間瀬主将④-渡邉④、OP高宮③、S中峯④、L嶋末①。17-18で守備固めとして渡邉→安部③16-21で戻す。(注)OH=アウトサイドヒッター、MB=ミドルブロッカーOP=オポジット、S=セッター、L=リベロ。

   高宮が要所で決、危なげなくスタートを切った。しかし守備固めで入った寄本がサーブで狙われ、6連続失点を喫し9ー15と大きく離される。高宮の調子が良く、得点を重ねるも序盤でついた差を埋められず、セットを落とした。

<第2セット 25-27

スタメン=OH中村②-森口③、MB間瀬主将④-渡邉④、OP高宮③、S中峯④、L嶋末①。

     相手に流れを持っていかれたままセットが進み、6-10と離されてしまう。しかし、中盤から高宮・間瀬のブロックポイントもあり、青学が調子を戻し始める。18-20と2点差に詰め寄ったまま終盤に入り、高宮のサービスエースで追いついた。お互いのスパイカーがサイドアウトを取り合い、25-25と譲らない展開となったが、最後は相手に勢いで押され、セットを落とし後がなくなっ

<第3セット 22-25

スタメン=OH中村②-森口③、MB間瀬主将④-渡邉④、OP高宮③、S中峯④、L嶋末①。

     序盤立て続けにミスがあり0-4とされる。1点ずつ返していくも、相手に流れを持っていかれたまま点差を埋められず6-11。中盤も双方のスパイカー陣が得点を重ね、14-20となった。渡辺のブロックでブレイクし、21-24と点差を詰めるも逆転できなかった。(渡邉千夏主務の報告から)

その他の試合

駒沢大(10-0)3-0山梨学院大(7-3)、国士館大(9-1)3-0亜細亜大(8-2)、中央学院大(6-4)3-0平成国際大(1-9)、立教大(3-7)3-1国際武道大(1-9)、立正大(2-8)3-0明治学院大(2-8)。(注)校名横のカッコ内は通算勝敗。